So-net無料ブログ作成
検索選択

錦織圭選手が弱い? [試合情報]

スポンサーリンク





2014年は日本中を興奮させてくれた錦織圭選手ですが、2015年は前半だけは今年は4大大会で優勝をしてくれるのではないかと期待をしていましたが、その期待を裏切られた後半戦の錦織圭選手の戦いぶりです。
錦織圭選手は、既に実力的には世界のTOP3と戦っても3回に1回ぐらいは勝てるところまで、実力をつけてきています。
その錦織圭選手ですが、ジョコビッチ選手やフェデラー選手に勝つ時もあるのですが、その反面無名の若手にコロッと負けてしまったり、ランキングでは錦織圭選手とは実力差がある選手にも負けてしまったりしています。
そんな錦織圭選手には何が足りないのでしょうか。
実は、4大大会で優勝できるくらいの実力を既に持っているのは、だれもが認めています。
そんな錦織圭選手ですが、この試合で負ける、というようながっかりの試合も2015年は多かったのは、みんな知っているところです。
今の錦織圭選手にかけているものはなんでしょうか。
錦織圭選手にかけているものとして一番に感じたのがメンタルではないかという人が多いと思います。
2014年の錦織圭選手の場合は、それは考えられたところではあります。
一番メンタルの面で負けて試合に負けたのではと思ったのが、全米オープンでの時の決勝戦です。
決勝に進出するまでに、ランキングのNO1のジョコビッチ選手に買ってから決勝戦に進出していた錦織圭選手ですが、ジョコビッチとの試合はTVで見ました。
錦織圭選手がジョコビッチ選手に粘りのテニスで勝っていました。
そんな錦織圭選手が、決勝で負けるとは思っていませんでした。
あまりにも完璧なジョコビッチ戦だったもので、決勝戦でも同じような戦い方をしてくれると思っていました。
しかし、その戦いはジョコビッチ戦とは全く違った戦いだったように思えます。
この違いはなんだったのでしょうか。
錦織圭選手の気の緩みではないかと思います。
決勝戦まで行ったのと、ジョコビッチ選手に勝ったことで気がゆるんでいたのではないでしょうか。
そんな気がします。
この辺が、まだ錦織圭選手の弱いところではないでしょうか。
これもメンタルが弱いということになるのかはわかりませんが、メンタルが弱かったというよりは、気持ちが勝つことをあまり望んでいなかったように思います。
当初の目標は、ジョコビッチ選手との戦いで勝つことが一番の目標だったのではないでしょうか。
その目標を達成した時点で、錦織圭選手の気が緩んだのではないでしょうか。
そんな気がします。
2015年の錦織圭選手の戦いの中で負けた試合の共通点としては、どの試合も錦織圭選手自身の戦いができていなかったということではないでしょうか。
錦織圭選手が弱いからではないようです。
メンタルが弱いとか、体力的に弱いとかではなく、相手の選手が錦織圭選手を研究しているからです。
研究といっても、人間的な研究ではなく、科学的に研究され尽くした結果錦織圭選手自身のテニスができずに負けてしまっているのではないでしょうか。
錦織圭選手が弱いというわけではなかったのです。
どの選手も間違いなく2014年あれだけの活躍をした錦織圭選手なので、ランキング上位の選手は、科学的に錦織圭選手を分析して、その分析結果の元試合に臨んでいて、そのプラン通りの試合をして、勝つべくして勝った試合だったということではないでしょうか。
錦織圭選手の強みといえば、相手より先にネットに出てきて、リターンエースを決めることではないでしょうか。
相手からしたら、決まった攻撃パターンのためその点を止めることができれば勝機があると思っていたのではないでしょうか。
その作戦がうまくいった時に錦織圭選手は負けていたのではないかと思います。
錦織圭選手も人間ですから、弱い部分もあると思います。
この弱い部分が錦織圭選手だけではなく、どの選手にも弱い部分があると思います。
メンタルが弱いと言われていましたが、今は、チャンコーチのおかげでメンタルの部分は少し解決してきたのではないかと思います。
他のランキングトップの選手を見ていると人間的な感じがしないのです。
特にジョコビッチ選手などは、機械のように戦っているように思えます。
確かにジョコビッチ選手は、ランキングNO1で強い選手ですが、ほんとうにそれでテニスが面白いと言えるのでしょうか。
試合中にダメな時はダメだと顔に出して、調子がいい時はそれなりのポーズを取る錦織圭選手には見ていて楽しめます。
世界のテニスファンも、そんな錦織圭選手の戦いを見て楽しんでいるのではないでしょうか。
人間、弱い部分を持っているからこそ、向上心もでて、その弱い部分を克服しようとするから人生も楽しいので、機械のようなテニスは楽しいと言えないのではないでしょうか。
勝負に勝つ試合をしているジョコビッチ選手と、試合に買ったり負けたりしていても感情を全面に出す錦織圭選手とでは、見ている方としてはどっちが正しいのでしょうか。
そう思うのは私だけではないように思います。
テニスファンで試合を観戦している人たちは、勝つテニスより強い相手にいろいろな策をしてから、立ち向かっていく姿を見たいものではないでしょうか。
錦織圭選手が、ここまで世界中を回って戦うことができているのにはもう一つ理由があると思います。
錦織圭選手の英語力です。
英語が話せる錦織圭選手にとっては、ほかの日本人テニスプレイヤーにはない強みではないでしょうか。
そんな気がします。
ほかの選手たちとコミュニケーションを持てるということは日本人としては強みではないでしょうか。
ほかの日本人選手の場合は、英語が出来る選手は数えるくらいしかいないようです。
そんな中、錦織圭選手は英語で他の選手たちと話をして仲良くなり、練習相手にもなってもらっています。
より強い相手と練習をすることで、何かを得ることができていると思います。
どうしても、日本人には言葉の壁があります。
テニス選手だけではなく、サッカー選手でも言葉の壁でヨーロッパでは活躍ができていない選手もたくさんいます。
日本で活躍していても世界に行くと活躍できないで帰ってくる選手の特徴として、やはり言葉の壁があるようで。
チームメイトと話ができずに、どうしても活躍できないという、弱い部分があるようです。
錦織圭選手は、言葉の壁という部分では、弱い部分がないので有利な面があり、他のテニス選手とは違う部分でもあります。
言語力が弱いと世界では活躍できないということでもあります。
今からの日本人のテニスプレイヤーはもっと英語の勉強をして、日本で満足をしないで世界に羽ばたいて欲しいと思います。
それくらい言語の力はあるということです。
技術的には、才能がある日本人選手はたくさんいますが、この言語の部分で弱いため世界に出ていけない選手もたくさんいるというのは、今の日本人の特徴でもあります。
たくさんの日本人テニスプレイヤーが世界で活躍をするためには、もっと弱い言語力を見につける必要があると思います。

スポンサーリンク





錦織圭選手の少年時代は、全てがテニスの生活で毎日を過ごしていたのだろうかと思っていましたら、そうでもなかったようです。
今でこそ、テニスの選手として一流のプレイヤーになっていますが、錦織圭選手の少年時代はいろいろなことを行っていたということです。
錦織圭選手の幼少期から少年時代に行っていたのが、テンスだけではなかったということです。
まず、2歳の時に水泳を習っていて、3歳の時にはピアノを習い始めています。
ここで終わればいいのですが、これ以外でも5歳の時にはサッカーをはじめていました。
それからまだあります。
小学校1年生の時にはなんと野球まではじめていました。
これだけのスポーツをさせていたからこそ、今の錦織圭選手の今のテニスでの活躍もあるのではないでしょうか。
そんな錦織圭選手が、ここまでたくさんのスポーツをできたのも両親のおかげでもあります。
その中でも、サッカーは小学校5年生まで続けていたということです。
サッカーの腕前は、相当なもので、点を取りたがるのではなくて、パスを出すことに喜びを持っていたようです。
今のテニスのフェイントは、全てその時のサッカーの経験が役にたっているのではないかと思われます。
小さい頃にいろいろな経験をすることで、その時のスポーツの技術が別のスポーツでも役に立つということはあります。
私の場合は、野球とサッカーをしていましたが、あまりやったことが倍バスケットをした時に、うまくフェイントをするk¥ところまでは、バスケットをしている友人からもうまいね、と言われたことがありますが、これは、意識的にフェイントをしたのではなくて、無意識のうちにフェイントをしただけですので、何がうまいのかがわかりませんでした。
無意識のうちにサッカーで行うフェイントをその時やっただけなので、そんなに感心されても仕方がないと思いました。
しかし、バスケットをしていたら、思った以上にサッカーのフェイントで相手を抜くことができてほんとうに楽しく感じます。
そんな事を、今思い浮かべていると、錦織圭選手が小学生の時にサッカーをしていたことがテニスにも生かされているのではないかと思いました。
これは、自分で実際に経験していないと感じることができない体が自然に動く動作ということになります。
そんな錦織圭選手ですが、よほど両親のどちらかがテニス選手だったのだろうと思いますが、テニスとは無縁の両親であったようです。
なんと父親は森林土木圭の技術者で母親は、ピアノ教室の先生だったということです。
これで錦織圭選手がピアノを習い始めたことは分かりましたが、それ以外はなんでそうなったのでしょう。
錦織圭選手の少年時代は、いろいろなスポーツをして楽しんでいた時期でもあります。
その中でテニスを選んだ理由は、お姉さんがテニスで国体にまで出場していたテニスプレイヤーだったために、その姉に勝つために錦織圭選手はテニスを選んだのではないかと思います。
その後はついに錦織圭選手が姉に勝ってからというものは、テニスに専念することにしたようです。
錦織圭選手が、子供の頃からこれだけたくさんのスポーツをしていたのが、今の錦織圭さんにとって全てプラスになっているのではないでしょうか。
子供の頃に、いろいろと習い事をするというのは、悪いことではありません。
たくさんの事を学ぶことができて、最終的に錦織圭選手の場合は、テニスを選びましたが、サッカーを選んでいてもそれなりの選手にはなっていたのではないでしょうか。
そんな感じがします。
錦織圭選手がテニスを選んで、そこからはテニス1本で行くようにきめたのは、あの松岡修造さんのチャレンジに参加したのがきっかけだったのではないでしょうか。
その時の松岡修造さんの、錦織圭を見たときの見解ですが、見た目まだ小さいので小学生だということで見ていたらその卓越した技術を見て仰天したのだろうと思います。
見た瞬間、秘術的に教えることが1つもないと思ったそうです。
その時点で、すごい才能を持った少年だと錦織圭のことを思っていたようです。
ただ、技術以外の体力的な部分で、まだ子供なので劣っているということだけの問題だということでした。
既にこの子は、世界で通用するテニスプレイヤーになると思われていたようです。
ここまでになるのに、錦織圭はどんな教育方針で両親は育てていたのでしょうか。
松岡修造さんもこの育て方には感銘を受けていたのではないでしょうか。
錦織圭さんの両親は、子供には興味を持ったことには何でも挑戦をさせて、全力でサポートをしていたということですが、この両親の考えは、誰の親でもやりたいことですが、経済的な理由などで、どうしても奏できないところがあります。
その不可能を可能にしたのが、錦織圭さんの両親ではないでしょうか。
両親は、錦織圭さんに好きなことは何でもやらせていましたが、その中でもどれが錦織圭さんに合うのかを見分けていたのではないでしょうか。
数多くのスポーツを錦織圭三位「させておいて、最後に残ったのがテニスということです。
テニスをするために、遠征にはマイカーで送り迎えをしてから錦織圭さんをサポートしていたようです。
勉強の面でも、遅れないように両親がしっかりと教えていたということです。
ここまで徹底した教育を受けさせていた両親には感服します。
この両親だったからこそ、錦織圭さんはここまで登ってくることができたのだと思います。
そんな錦織圭選手は、親の手を離れて、自分のチカラでついにプロとして動き出しているのです。
そんな錦織圭選手は、今才能だけではなく、努力と周りの人からも助けられながらここまで上り詰めてきているのではないでしょうか。
そんな錦織圭選手が、今度は最終目標である世界NO1の座を狙って自分の力で戦っています。
ここまでの錦織圭選手は、周りからいろいろと手助けしてもらいながら戦ってきていますが、そのことに勝つことで答えようとしています。
そんな錦織圭選手が、プライベートでハメを外さなければいいと思います。
錦織圭選手はまだ若いので、いろんな誘惑が待っているのですが、今の彼女に関しては、せっかく今まで両親やほかの手助けここまで来たものを壊すような琴緒がなければいいのですが、今後どんなことになるのでしょうか。
今からの、錦織圭選手のテニス以外での振る舞いが気になるところです。
今の錦織圭選手には、たくさんの誘惑があると思います。
よからぬことを考えている人からいろいろな人が寄ってくると思いますが、手に吸い以外ではまだ子供のようなところがあり、気にはなるところです。
変な女には気をつけてもらいたいところです。


スポンサーリンク







共通テーマ:芸能

錦織圭の彼女と年 [彼女]

スポンサーリンク





錦織圭といえば、いろいろな意味で世間を騒がせていますが、テニスではどれだけの成績を上げてきたのでしょうか。
そんな錦織圭は誰もが認める日本人では、最高のテニスプレイヤーではないでしょうか。
そんな中、ここ2年間の成績はいままでの日本人では考えられないような成績を上げてきています
それは、だれが見てもわかることです。
錦織圭今後どこまで上り詰めていきたいと思っているのでしょうか。
日本人としては最高の成績を上げてきていて、だれが見てもここ50年の一では、日本人最高のテニスプレイヤーであることは間違いありません。
それだけの成績を、上げてきている錦織圭選手ですが、2014年には全米オープンで準優勝をしていて、2015年には4大大会で優勝をすることが期待されていましたが、拍子抜けの1年間だったように思います。
2015年の4大大会では、思うような成績を残すことができなかった、錦織圭は、今なにを思って2016年のテニス生活を送ろうとしているのでしょうか。
2015年のオフシーズンではテニスの生活で、何かを変えようとしているのでしょうか。
細菌マスコミに顔を出していませんが、これは2016年に向けてテニスの練習と体力アップを図ろうとしているのではないかと期待をしているところです。
まず込に顔を出さないということは、練習に毎日明け暮れているように思えます。
2014年のオフシーズンの過ごし方で失敗をして、2015年の後半戦は自分が思ったような、テニスをすることができなかったのではないかと思います。
今年のいまの過ごし方で2016年のテニスの成績が変わって来ることを既に理解していて、練習をしているのではないかと思います。
そうでないと、今頃、官女と噂されている観月あことのデートがどこかん週刊誌に取られていてもおかしくないのに、全くその噂すらないので、今頃はテニス三昧の生活をアメリカで行っていると思って間違いないと思います。
日本でオフシーズンを過ごさないのは正解のような気がします。
アメリカだと、日本ほど騒がれることもなく、じぶんの生活リズムを崩すこともしないで、じぶんの生活をしっかりとすることができていると思います。
アメリカに入ろうからこそ出来る生活を送っていて、誰からも邪魔をされることなく、自由な時間を満喫していることは間違いないでしょう。
その時間の過ごし方としては、2014年のオフシーズンとは全く違ったテニス生活を送っているものと思います。
それだけ錦織圭がテニスに集中できる環境が、アメリカにはあるということでしょう。
2015年の錦織圭の成績は、悪いといわれていた割には、2014年と大差ない成績を上げていて、決して調整に失敗をしていたわけではなかったと思います。
これだけの成績を上げていたのであれば、誰からも文句をいわれる筋合いではないとは思いますが、2014年のオフシーズンの失敗を糧にどれだけテニスに集中できるかで2016年の、錦織圭選手の体力的にも、生鮮的には1ランクアップして戻ってきてほしいいと思います。
錦織圭にはその力があると思っています。
それだけいまのテニスプレイヤーの若手の中でも、有望株で、今後どれだけの練習を積んで2016年を戦おうと考えているのでしょうか。
これだけの選手でも、あれだけマスコミにいろいろなことで騒がれていましたので、それからするとファンからすると、非常に押しオフシーズンを過ごそうとしているのがわかります。
それだけすごいということをやってきているのには感動です。
2014年では、多くの錦織圭ファンから愛されていて、これでもかという気持ちだけは誰にもかけられないことではないでしょうか。
錦織圭の2015年の成績を一目瞭然でびっくりするくらいの変化を見つけることになるのではないでしょうか。
これだけ多くのファンのみなさんのおかげで、今後の自由な生活を行ってくれるだろう2016年になにを思っているのは間違いはないでしょう。
これだけマスコミから離れている錦織圭は、大きなチャレンジを行っているものと思います。
それだけ、素晴らしい成績を上げることが出来るのでしょうか。
錦織圭に2016年は期待してしまいます。
さらに、2014年のオフシーズンで余りにもマスコミの前に出すぎて、テニスの練習を十分にできなかつたことで2015年の成績が後半戦失速したことを感じていて、今の時期の過ごし方を少し変えてきたのではないでしょうか。
それだけ2016年に掛ける錦織圭選手の気持が伝わって来るような2015年のオフシーズンをすごしている感じがして、2016年こそ4大大会で優勝をするのではないかと思っています。
201年はいろいろと私生活の面で目立った感じがしていて、このような問題は日本中のファンが錦織圭選手自体を嫌いになった人もいたのではないでしょうか。
元々坪井さんという彼女がいて結婚をするのではないかとまで言われていた時に、新たな彼女として観月あこさんが出てきてしまった時から、錦織圭の人気自体に陰りが見えてきていたのは間違いありません。
そんな中、錦織圭選手と観月あこさんのことをよく思わない人たちから総スカンを食らってしまって、2015年はテニスの成績が落ちたのも彼女のせいになっていて、そんな錦織圭選手は、テニスの成績で見返すことができなかったため、どうしても人間性が疑われてしまうことになっていました。
今の状況を打開するには、テニスの成績でもう一度日本中を沸き上がらせる必要があるので花かと思います。
そして、錦織圭選手自身がそのことをよく分かっているようで、現在まったくマスコミには姿を現さなくなっているのでしょう。
しかし、ここまでボロクソに書かれているにも関わらず、自分を見失うことなく、甘え理科でのオフシーズンをすごしている錦織圭はすごい選手だと、改めて分かることができました。
やはら、錦織圭は日本テニス界のスーパースターだと認識することができました。
このまま、成績が落ちていくことはないと確信しています。
2016年の錦織圭選手の成績は、2014年以上の成績を上げてくれること間違いなしです。
期待して見舞っていれば、必ず素晴らしい成績を上げてくれることは間違いないと思います。
これから考えると、2015年の成績不振は彼女の問題ではなく、2014年のオフシーズンのすごし方に問題があっただけのような気がします。
そんな1年間だったのではないでしょうか。


スポンサーリンク





現在のテニスは日本でも多くの人が始めるようになっています。
昔はブームになった時代もありますが、最近ではテニスブームが過ぎ去っていて、テニスをするひとが減ってきていて、それに合わせてテニススクールやテニスコートなどはどんどん減ってきていて、その当時のテニスブームはなくなっていました。
それが、錦織圭の世界を股にかけた戦いでテニスブームが再燃してきたところに、とんでもないことが邪魔をすることになりました。
それが、錦織圭の彼女の問題が世間で大きく取り上げられるようになってきていて、その問題はテニスブームにも大きく影響してきています。
錦織圭という人物ですが、テニスプレイヤーとしては最高の選手ですが、女性関係はどうなのでしょうか。
そんな錦織圭ですが、女性問題は、最近すごくなっています。
錦織圭の彼女と言えるのかどうかわかりませんが、あの卓球界のアイドルでもある福原愛選手との熱愛デートがスクープされましたが、それもわすか数ヶ月で終わったといいうことです。
その終わった理由が、卓球機のアイドルのイメージを壊したくなかった協会が何やら横槍を入れたという噂があります。
恋愛にまで口を出される福原愛さんは大変ですね。
それはそうとしても、福原愛選手は未だに錦織圭のことを好きみたいで、寄りを戻せるものなら戻したいと思っているようです。
ただ、既に錦織圭の方が、別の女性の方に心が行っているのがすぐにわかります。
錦織圭のそれからの女性問題にはとんでもないくらい世間が振り回されえいるようです。
なんといっても、錦織圭の彼女で強烈な印象があるのは、元新体操選手の坪井選手ではないでしょうか。
錦織圭にとって坪井さんはどういう存在だったのでしょうか。
錦織圭の彼女だった坪井さんですが、全て、錦織圭を立てて、自分のことは後回しにしていました。
2012年からの付き合いということでしたが、2014年には彼氏、彼女の仲が壊れてしまい、2014年の12月にはすでに分かれていたということです。
なぜ、別れたのか本当の理由はわかりません。
でも、一時は結婚まで考えていたということですが、それがなぜこのタイミングで別れたのでしょうか。
新し彼女ができたからという噂もありますが、別れたのが先なのか新しい彼女ができたのが先なのかどっちなのでしょうか。
新しいい彼女といえば、あの観月あこという噂ですが、その前にも女子大生との噂を起きていましたが、実際のところ新しい彼女ができたのが先なのか、彼女と別れたのが先なのかどっちなんでしょうか。
どちらかといえば、気になる彼女がいて、その彼女への思いが大きくなってきたので、坪井さんと別れたのではないかと、私の勝手な想像です。
実際のところどっちでもいいのですが、今の錦織圭の心がどう感じているのかということです。
2014年には破局していたという坪井さんですが、神彼女の観月あことh2015年になってから正式に付き合いだした?と言えるのかどうかは分かりまえんが、実際のところこの年に観月あこさんとの噂が本格的になってきていましたので、彼女なのかどうかは、わかりません。
それ以前に観月あこと、何やら関係があったというわけでもなさそうです。
どっちが声をかけたのか気になるところですが、最近になって、錦織圭が結婚は考えていないということを公表しているところを見ると、今は観月あこと結婚する気はなさそうですが、彼女であることは間違いないと思います。
この公表は、観月あこは俺の彼女だけど結婚は考えていないということではないでしょうか。
そんな気がして仕方がありません。
今のテニスも彼女との恋愛も両方とも、楽しむと高原したように聞こえました。
本当はどうなのでしょうか。
男の私からすると、まだ島の生活を楽しんでいきたいので、余り詮索をしないで欲しいと言っているように思えます。
彼女の観月あこの方は、何やら、モデルの仕事がある都度に報道陣が集まり、にsh伐折系との関係を聞き出そうとしているマスコミには、口を固く閉ざしているのには関心です。
世間では、売名光をしていると言っていますが、私も最初は彼女が売名行為をするために錦織圭に接近したのではないかと思いました。
ただ、彼女の心に変化が出てきているのではないかと思っています。
好きという気持ちが沸いてきているのではないかと思います。
女性の心理で売名行為をするつもりであれば、錦織圭になにを言われようと、何かしら公言しているのではないでしょうか。
愛情よりも売名行為を持っているのであれば、錦織圭に気を使う必要もないと思っていました。
それがいまでは、錦織圭のことを思うあまり、いくらマスコミに錦織圭のことを聞かれてもなにも公言しないのは錦織圭のことがほんとうに好きなのだろうかと思っています。
そんな錦織圭のかのお除でありたいという気持ちが、マスコミになにも言わないのではなく、錦織圭に口止めされているのではないかと推測しています。
それであれば、話がつながりそうです。
私もこの年になったからこそ、人の心理を認識できるようになっています。
間違いはないと思います。
錦織圭の結婚はしない宣言と観月あこのマスコミへのだんまりは錦織圭が手動で、観月あこは彼女だけど、まだ結婚までは考えていないので、観月あこにはマスコミにはなにも言うなと言われているような気がします。
そして、世間では、錦織圭がみづきあこに惚れ込んでいると思われているのだが、実際のところは、その逆ではないかと思います。
最初に近づいたのは錦織圭だが、合っているうちに観月あこの方が錦織圭の男らしさに惚れてしまったのではないかと思います。
これが真相ではないでしょうか。
観月あこがいぜんつきあっていたあのジャニーズのメンバーは俺様仕様で、なんでも命令をするタイプでSですが、観月あこはMではないかと思います。
ただ、ジャニーズの場合は余りにもSが強すぎていて、優しさにかけていたので別れたのではないでしょうか。
そこに、肉食系のSの錦織圭に出会ってから、Sだけではなく、優しさも持っていた錦織圭に観月あこが惚れてしまったものではないでしょうか。
これが真相ではないかと思われる。
このまま、錦織圭と観月あこが付き合っていると、錦織圭が4大大会で優勝でもすると、正式に交際宣言か結婚ということもあり得るのではないでしょうか。
2016年の錦織圭には、テニスの成績でも彼女問題でも目が離せない状況です。

スポンサーリンク






共通テーマ:芸能

錦織圭選手と松岡修造 [経歴]

スポンサーリンク





錦織圭といえば、あの有名なテニスプレイヤーです。
そんな錦織圭のブログというのがあります、それ以外でファンの人が立ち上げた、錦織圭の試合結果や予定などを書いたブログがたくさんあります。
そんなブログを見ているだけでもなかなか面白いブログがあります。
錦織圭 ブログで検索すると出てくる出てくる錦織圭に関するブログが山ほど出てきます。
研削をしてみると916000もの錦織圭 ブログで検索されました。
これだけ有名な錦織圭ですが、実際のところどうなのでしょうか。

どんなことが書かれているのか気になるところです。
錦織圭の公式ページが当然のように先頭に出てきます。
これは当然ですね。
面白いのが松岡修造さんのブログもなぜか錦織圭 ブログで4番目に表示されました。
なんで、松岡修造さんのブログが錦織圭のキーワードで法事されるのでしょうか。
まつおかしゅうぞうといえば、錦織圭と深い関係になるのはテレビ番組で有名ですが、検索エンジンでも上位に表示されるものでしょうか。
それだけ、錦織圭に関する記事を松岡修造さんの「ブログでも頻繁に書いているのでしょうか。
錦織圭という名称が、松岡修造さんのブログの中にたくさん入ってなければ、これだけ検索エンジンの上位には表示されないのではないでしょうか。
普通はそうなのですが、どうなっているのか気になりましたので、松岡修造さんのブログをみてみました。
松岡修造酸は人物も明るいのですが、ブログも明るいですね。
松岡修造さんのブログはなんと明るいブログなのでしょう。
こんなブログを見ているとなんともこっちの気持ちも明るくなります。
こんな人物は周りを見渡しても松岡修造さんぐらいしかいませんね。
錦織圭の記事は小さく1記事のみありましたが、これで検索エンジンの上位4位にランクインをしていることにはびっくりしました。
ほ脳の体育会TV3時間SPに出演する、ということだけでした。
こんなことだけで、ほんとうに検索エンジンの上位に表示されるものでしょうか。
錦織圭のことはそれ以外で1ページ目には、なにものっていないのですが、検索エンジンのアルゴリズムになに仕掛けがあるのではないでしょうか。
有名人のブログの場合は、上位に表示されるようになっているのではないかと疑いたくなるような順位でした。
ただ、松岡修造さんのほかの記事を見てみましたが、その明るさと元気がもらえるような書き方にもびっくりです。
松岡修造さんの人間性が出ているような感じがします。
2015年の流行語対象に「まいにち、修造」という言葉が選ばれているということです。
ここまでの言葉の対象に選ばれているのは、やはり松岡修造の人間性が大きく影響しているのでしょうか。
それも、流行語大賞のTOP10に選ばれています。
これは、錦織圭のランキングTOP10にランクインした時以上の衝撃でしたね。
松岡数像と錦織圭は昔から繋がりがあるようですが、全く正反対の性格の錦織圭と松岡修造さんですが、どことなく似ているところもあるように見えます。
それは何かと言うと、お互い自分が目標を立てたことには全力で向かって言っているようです。
松岡修造は、何にでも一生懸命に仕事を行っているのですが、錦織圭も同じようにテニスには妥協を許さないで全力で打ち込んでいるところなどは似ています。
性格としては動の松岡修造で、静の錦織圭といったところでしょう。
こんな、正反対の人物が出会ったのが、テニスチャレンジですが、ここで、錦織圭の非凡な才能と負けず嫌いのところに、松岡修造さんはすぐに気づいたみたいで並大抵の素質ではないということをその時点で見つけていました。
そんな錦織圭は、今までにいなかったとんでもない人間に出くわしたと、松岡修造さんは思ったようです。
既にいまの錦織圭の活躍を予測していたということですから、松岡修造さんも指導者としてもすごいものでしょう。
ただ、これだけの人物がその当時、小学生という子供だったのに、そこまで見透かしていたということ自体が凄いの一言です。
これだけの人物がまた次世代のスパースターを見つけ出した瞬間でもあります。
そんな錦織圭選手の場合は、なにをその当時思っていたのでしょうか。
松岡修造さんに、テニスの試合で勝ちたがっていたようです。
本気で松岡修造さんに加藤としていたのではないでしょうか。
あの松岡修造さんですが、とても小学生の錦織圭が勝てる相手ではないのですが、真剣に錦織圭は勝とうとしていたことがまた、すごいと思いました。
勝てる相手とでも思っていたのでしょうか。
そんな錦織圭だったからこそ、ここまで上り詰めてこられたのでしょうか。
いまの錦織圭であれば、間違いなく松岡修造さんとテニスの試合をしたら勝てるのですが、その時からまだ、10年もしないうちにこのレベルまで到達していたのですから、とても信じられないような成長ぶりです。
錦織圭選手のファンのブログもいっぱい出てきましたが、どんなことが書かれているのでしょうか。
ファンだからこそここまで錦織圭を追っかけてブログをかけるのでようか。
錦織圭選手の戦績からランキングの推移まで全て細かく書かれています。
既に2015年の錦織圭選手の戦績が書かれています。
まだ2015年は終わったばかりなのに、しっかりと8月までの何試合して何勝何敗となっていて、優勝が何回して準優勝が何回したのかを確認できます。
これを見ていると、2015年の錦織圭選手は、余りいい成績をあげていなかったように感じていましたが、この成績表を見ていると、2014年と2015年の成績を比べてみるとほとんど変わらない成績を上げているようでした。
ただ、勝率を見ていると2014年お201年を比較してみると、201年の方が勝率だけを見てみるといいのにはびっくりしました。
優勝回数も、201年は3回で2015年は優勝が4回と、そこまでの差はありません。
このブログの成績表を見ていると、2013年から2014年に一気に成績が上がっていますが、なにがここまでの成績を上げたのでしょうか。
どんな変化がこのような成績を上げたのでしょうか。
いままでの、錦織圭選手の成績だけではなく、ありとあらゆる情報が提供されています。
錦織圭の公式HPより詳しく情報が、乗せられているということにはびっくりしています。
こんなブログがあるのであるのにはびっくりです。
これだけの情報を載せているブログがほかにあるでしょうか。
こんなブログがどんどん増えていけばいいのではないかと思います。


スポンサーリンク





錦織圭といえばなんといってもテニスの王子様的な感じになっていませんか。
日本の女性たちの憧れの的でもあります。
それだけ、錦織圭選手が2014年、2015年と活躍してきたということです。
特に2015年の錦織圭選手のかつやくは目覚しいものがありました。
それまでも随分と活躍をしていましたが、二本中が注目をするほどの模ではなかったのですが、この年の全米オープンでその時のランキングNO1のジョコビッチ選手に勝ったときには日本中が注目し出しました。
私も見ましたが、あれおあれよという間に、遂に決勝まで進んでいき、もしかすると郵趣するのではないかと思われるくらいの騒ぎになっていました。
ただ、4大大会で優勝するのが錦織圭選手の夢でもありましたし、その時付き合っていた彼女の坪井さんとの結婚も近づいてきていました。
当社坪井さんとは2012年頃から世間で錦織圭さんの彼女ではないかと毎日のように報道されていましたし、インターネット上でもすごい噂になっていました。
この大会では決勝で惜しくも敗れましたが、この快挙は日本中をわかせてくれました。
その対戦相手にはマリンチリッチ選手で、3-6、3-6、3-6のストレートで惜しくも負けてしまいましたが、日本人で決勝まで行くこと自体がすごいことで、あの松岡修造さんでさえ行ったことがない全米オープンの決勝戦です。
負けたとは言え全米オープンの準優勝です。
そんなすごい大会で準優勝をして、その後ランキングも8位まで上昇して、遂にTOP10を自分のモノにしたようです。
これだけの成績を今の日本人テニスプレイヤーで上げることが出来る選手はいないと思います。
これからもなかなか出てこないのではないでしょうか。
そもそも、錦織圭選手がランキングのTOP10にはい入ったら坪井さんと結婚の約束までしていたのに、そのときは結婚を市内で、m¥結婚の条件をさらに上げて、4大大会で優勝することで結婚にしていたでしょうか。
普通日本人が決勝まで行くこと自体がすごいのに、ここで結婚をしていたら良かったのではないかと思います。
更なる高みを目指して、4大大会で優勝しないと結婚しないということはとんでもない約束をしたなと思いました。
4大大会は年に4人しか優勝できないということは、その4人の中に入ろうとしているのが凄すぎです。
普通はここまでの目標を日本人のテニスプレイヤーが立てること自体、神業ではないかと思います。
それだけ凄ことなのですが、錦織圭選手が言うと、なんかできそうな気がしてくるのは私だけでしょうか。
そんなすごい錦織圭選手ですが、4大大会で優勝するまで坪井さんとは結婚しないということ自体は間違っていると思います。
当分結婚できないのではないかと思います。
錦織圭選手はテニスプレイヤーとしては一流ですが、彼女を作ることに関しては3龍だと思っています。
せっかく坪井さんのおかげで、ここまで上り詰めてきたものを、捨てるようなことではないかと思っていました。
ここから先は2人で4大大会の優勝を目指すと行っていたほうが、よほど良かったのではないかと思います。
この年は、結局ランキングでも世界第5位まえ上り詰めていまして。その年の終わりになる、ワールドツアーランキングのYOP5に入っているからこそでられた大会でもあります。
結婚をしていれば、2015年の成績はもっと伸びていたのではないかと思います。
それだけすごいことを行ってきた錦織圭選手には誰もが注目をしていました。
粗のんきは二本だけではなく、世界中の人たちがあのエアケイを見るために毎試合、試合会場に駆けつけてくれていたわけです。
そんな錦織圭選手と彼女のつぼいさんとのなかが次第に悪くなってきたというか疎遠になってきていたようです。
その頃から別の女性との噂がたくさん出てきていました。
それも、錦織圭円手の女クセが悪いようにあちこちの週刊誌等報道陣が噂を勝手にし始めていました。
当時はまだ、坪井さんとの結婚を考えていまして、そのままゴールするのではないかと思っていました。
しかし、その実態は、次から次へとあたらしい彼女なのか、単なる友達なのかわかりませんが、それだけ日本中がテレビに夢中になっていたと思います。
坪井さんとの仲が悪くなると同時期に、ほかの女子大生との熱愛デートも目撃されていて、とんでもないことになってきていました。
世間では、あれだけ錦織圭さんのことをさせてくれていた坪井さんを捨てて別の彼女を作ろうとしているのではないかとネット上では大騒ぎでした。
そんな錦織圭選手に新たな官女の出現があり、その相手がなんと売れないモデルの観月あこさんとうことで、また錦織圭選手に対する風当たりが悪くなってきていました。
観月あこさんという女性はあの芸能人とも一時期交際をしていて、マンションから出てきたところを週刊誌に取られたこともありました。
その芸能人はみなさんも知っていると思いますが、観月あこさんにゾッコンだったようです。
ただ、その芸能人は俺様仕様で、なんでも自分中心で彼女のことを扱っていたのではないかと思われます。
余りにも俺様しようが強かったので、観月あこさんの方からフラれてしまったという噂もあります。
しかし、ここまで、有名人を手玉に取っている観月あこという女性はとんでもない女ではないかというネットの噂ですが、今になっても2人とも何も言わずに口を閉ざしたままです。
いつ公の場で恋人宣言をするのだろうかと報道陣は狙っています。
ただ、この情勢はとんでもないさげまんで、付き合う男を次から次えとダメにしていくのではないかと言われています。
それと、売名行為を行っているだけではないかと言われています。
そうであれば、観月あこの作戦通りになってきています。
すでに観月あっこという名前を知らない人はいないのではないかと思います。
現在は、観月あこが出演するファッションショーなどには報道陣が駆けつけて、事の真相を探ろうと必死に追いかけています。
しめしめといった感じでしょうか。
ここまで名前が売れてくれば、そろそろ何も関係ありませんと錦織圭から言われてもラッキーといったところでしょうか。
このまま月って言っても、とても長続きするとは思えませんので、そのほうがお互いの今後の仕事にも好影響を与えてくれるのではないでしょうか。
この2人のどちらが得をすることになるのでしょうか。
錦織圭選手が2016年活躍をするのであれば、なんの問題もありませんが、活躍しなければ、錦織圭選手にとって、相当なイメージダウンではないでしょうか。
観月あこさんにとってはどうなんでしょうか。
すでに現時点で売名できているので、どちらでもいいのではないかと思います。

スポンサーリンク





共通テーマ:芸能

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。