So-net無料ブログ作成
検索選択

錦織圭ファイナル

スポンサーリンク





錦織圭選手の2015年を振り返ってみましょう。
錦織圭選手といえば、2014年の活躍を思い出します。
2014年には全豪オープンで準優勝をしています。
それも、当時ランキングNO1のジョコビッチ選手を破っての準優勝でした。
その時の感動は日本中に知れ渡ることになりました。
その頃から、テニスファンが一気に増えたと言っても過言ではないのではないでしょうか。
それだけ、錦織圭選手の成績は抜群のものでした。
ついにテニス界のスーパースターが現れてきたと思った瞬間でもあります。
ここまでの活躍を錦織圭選手に期待をしてなかったので、予想以上の成績には日本中がびっくりしているのではないでしょうか。
ただ、本人にしてみれば、この成績は当然のものだったのではないでしょうか。
2013年のオフシーズンからの錦織圭選手の2014年にかける思いがわかると思います。
コーチにマイケルチャンを招いていて、メンタルの部分での成長は著しいものがあったのではないでしょうか。
錦織圭選手に強いイメージを植え付けることに成功したオフシーズンだったと思います。
これ以上ないオフシーズンを終えていたのです。
それだけではなく、練習量も例年にない練習をしてきていたようです。
体幹を鍛えるトレーニングから新しくサーブの威力を増すための努力などあらゆる面で今よりも1ランク上にあがったオフシーズンでもあったようです。
2014年のシーズンが始まる前に、準備は出来ていたように思えます。
もう一歩のところで全豪オープンの優勝もあったのではないかと思います。
ジョコビッチ選手に勝ったことで、安心した部分があったと思います。
技術的なことよりも、メンタルの部分で決勝戦では隙があったのではないでしょうか。
その隙を突かれて優勝を逃してしまったと言えます。
本当に惜しかった一戦でした。
ただ、この大会でいままでやってきたことが間違っていなかったということを実感できたのではないでしょうか。
それから最終的には世界ランキングの5位となり、ワールドツアーファイナルに出場することができるようになりました。
日本人でも初めてのファイナルへの出場です。
フィナルへ出場出来るのは、その年の世界ランキングの8位までに与えられる出場権をついに錦織圭選手は獲得してしまいました。
それも運ではなく、実力でしっかりと勝ち取りました。
錦織圭選手のワールドツアーファイナルでの成績には、その年の錦織圭選手の実力がそのまま出たものだと思っています。
それだけ錦織圭選手は時の人になっていました。
ラウンドロビンではグループリーグを突破して決勝トーナメントの準決勝では負けてしまいましたが、実力通りの1年を過ごしたのではないでしょうか。
あの時に、グループがジョコビッチ選手と一緒のグループにいたら、決勝までも行くことができたのではないでしょうか。
そう思うのは私だけでしょうか。
ファイナルへの出場をするだけでも大変なことなんですが、そのファイナルに2015年も出場しています。
なんということでしょうか。
悪い悪いと言われていた2015年の錦織圭選手の成績ですが、後半戦を見ていると、ワールドツアーファイナルに出場できるほどの成績を上げてきたとは思えませんでした。
それだけ錦織圭選手の2015年の後半戦の戦いは、ひどいものでした。
粘りなくあきらめが早かった後半戦の戦いだけを見ていると、どうしてワールドツアーファイナルに出場できたのだろうかと思いました。
それでも、2015年のランキングは最終的には8位をファイナリストになる出場資格を得ていました。
びっくりしてほんとなの?と思ってしまったぐらいです。
ラウンドロビンではランキング1位のジョコビッチを筆頭に3位と6位の選手と戦うことになりました。
このファイナルのメンバーを見てから、1章もできないで惨敗するものと思っていました。
2015年の後半戦の錦織圭選手の戦い方を見ていたら、とてもではないが同じグループのメンバーには1勝もできないと思っていました。
それだけ期待ができるような戦い方をしてこなかったと思います。
ファイナルの前の最終戦は棄権をしてその前の大会では、1回戦敗退とどう見てもファイナルで勝てるような状態ではなかったのではないかと思います。
それも、体と精神の両方の面でどうしても勝てるとはおもっていませんでした。
ファイナルで恥ずかしい試合をしてしまって、2015年の集大成となるのではないかと思っていました。
それは、ファイナルの第1戦のジョコビッチ戦まではそう思っていました。
ジョコビッチとの1回戦ではなんと1-6、1-6でジョコビッチに乾杯をしていました。
この戦いを私も少し見ていましたが、完全にジョコビッチに力負けをしているのを感じました。
相手のサーブでは序盤1度もポイントを取れなくてラブゲームで負けていたのを見ていると今年の錦織圭選手を象徴しているような戦いでした。
だれもが、錦織圭選手の試合に落胆したのではないでしょうか。
それだけ完全に力負けしていました。
2014年に錦織圭選手がジョコビッチ選手に戦った時とは違い生気を全く感じることができませんでした。
ラリーの時でも粘りのないラリーをしていて、ミスを連発していたように見えました。
悪い時の錦織圭選手を見てしまいもうだめだと思っていました。
残り2戦も同じように、力ない戦いをして、乾杯するものと思っていましたが、それが違っていました。
それが、全く違った闘い方をしている錦織圭選手がそこにはいました。
ベルディヒ戦の戦い方には22014年の錦織圭選手を見ることができました。
錦織圭選手よりはランキング上位の選手なので、負けても仕方がないのですが、これが粘りがあり見ていて久しぶりに楽しい試合を見せてもらいました。
第2セットを3-6で落とした時点では、このままストレートで負けるのではないかと思っていましたが、それから強い錦織圭選手が現れてきました。
粘りのあるいつもの錦織圭選手がついに出てきました。
最終的には、7-5、3-6、6-3で勝ってしまいました。
この時点でもしや次のランキング3位のフェデラー選手に勝てるのではないかと思いました。
ただ、この時点で、錦織圭選手が決勝トーナメントに出場することができるには、錦織圭選手がフェデラー選手に勝って、ジョコビッチ選手がベルディヒ選手に負ける必要がありました。
これ以外錦織圭選手が、決勝トーナメントに出場することはできませんでした。
このこともあり、錦織圭選手がフェデラー選手との戦いでは接戦にはなりましたがそれ以上の戦いが出なかったのではないでしょうか。
メンタルの部分で勝ちたいという気持ちがなくなっていたように思えます。
フェデラー選手には惜しくも1-2で破れてしまいましたが、この試合でも2014年の錦織圭選手の顔を見ることができました。
2015年の錦織圭選手のファイナルでの戦い方にはびっくりしました。
経った2週間程度でこれだけ買われるのにはびっくりです。
惜しまれるのが、ジョコビッチ選手と第1戦で戦っていなければ、別の成績になっていたのかもしれません。

スポンサーリンク









共通テーマ:芸能

錦織圭の髪型と血液型について

スポンサーリンク





錦織圭選手は、押すに押されぬテニスプレヤーであり、席が認める選手です。そんな錦織圭選手ですが、こんな選手と血液型はなにか関係があるのでしょうか。
スポーツ選手と血液型というのはなにか関係があるのでしょうか。
錦織圭選手はちなみに血液型はa型となっています。日本人に一番多いのはA型でそのA型が錦織圭選手になります。
錦織圭選手がA型ということで今のテニスでの成績があるのでしょうか。
そんな中、錦織圭選手と滑液型を見てみましょう。
血液型で性格がわかるとよく言われますが、日本人はこんな血液型の性格判断屋運勢をよく信じますが、実際のところ血液型と性格や運勢などはほんとうに関係があるのでしょうか。
実は、血液型と性格や運勢は何も関係はないというのが本当ではないかという人もいますが、血液型で性格や運勢が関係あるという人もいます。
ただ、これを信じるも信じないも、自分次第です。
実際に滑液型と性格や運勢に関しては、ある程度傾向があるようです。
A型の血液型の場合は、おだてるとやる気になるタイプと愛のムチを与えると発奮するタイプの2つでどちらがどのくらい多いのかを見てみました。
A型の場合は、この2つのうちどちらも均等にいるようで、おだてるとやる気になるというのが、O型に多くいるようです。
逆に愛のムチの方は、O型には当てはまらないようです。
B型とAB型の血液型の場合は、愛のムチの方が断然に多いということです。
これから考えるとO型の方がおだてられて育つタイプのようです。
今回錦織圭選手がA型ということで、愛のムチの方なのかおだてる方なのかを見てみると、愛のムチの方が一番あっているように見えます。
そんな錦織圭選手ですが、A型の血液型ですが、その中でどちらのタイプなんでしょうか。
どう考えても、おだてるタイプではないように見えます。
どちらかというと、愛のムチを与えて発奮させるタイプではないでしょうか。
その中で、錦織圭選手は愛のムチタイプで間違いないと思います。
よく、大会で調子が悪かった次の大会では、結構いい成績を上げてきています。
逆に体型でいい成績を上げると、次の大会ではすぐに負けていたように思えます。
このことから考えると、錦織圭選手は血液型がA型特有の愛のムチを与えることで、発奮して頑張るタイプとおもいます。
そんな錦織圭選手ですが、なかなか長続きしないのもとくちょうではないでしょうか。
錦織圭選手の性格は、どちらかというとO型の正確に似ているところもあります。
テニスの試合以外では、どちらかというと大雑把で何事にも動じないような感じがします。
ただ、基本的なA型の特徴はある程度ひきついでいるのは間違いありません。
ということで、A型の特徴を見てみますと、神経質。計画性がある・ストレスを感じやすい・心配性である・気遣いができる・保守的・プライドが高いなどたくさんのA型の特徴がありますが、この中で錦織圭選手はどれが当てはまるのでしょうか。
計画性はあるようです。
オフシーズンの過ごし方を見ていると、次の年の大会で成績を上げるための練習やメンタルトレーニングをするところは、間違いなく当てはまっていると思います。
プライドが高いというのも当てはまっているのではないでしょうか。
負けず嫌いということがあるのでしょうか。
負けたあとの錦織圭選手の次の大会に向けての気持ちの入れ替えや次の大会では絶対に負けないというような強い気持ちが、2大会続けて成績が悪いということはありません。
その中で、錦織圭選手が続けて成績が悪いのは、なにか怪我などをして実力を出せなかったとき意外はなかったように思われます。
血液型がA型の人にたくさんのスポーツ選手がいるのは確かです。
その中には、サッカー選手では香川真司・三浦知良、野球ではダルビッシュ有・田中将大がいます。
どちらも超一流の選手ばかりです。
ほか見の各スポーツ回では超一流の選手がたくさんいます。
錦織圭選手は、テニス界では超一流の選手なので、A型であっても不思議ではありません。
ただ、日本人では血液型一番多いのがA型だということもありますので、一概にはA型の人には一流スポーツ選手が多いとは言えないのではないでしょうか。
O型はA型の次に多い血液型なので、当然A型の次に一流のスポーツ選手が多いのは言うまでもありません。
ただ、滑液型の人口の比例に合わせて一流のスポーツ選手もいるようなので、血液型だけで判断をするのはちょっとおかしいとも思えます。
ただ、日本人自体が、血液型の違いでパターンがあっても真剣に受け入れて、俺はA型だからとか私はO型だからなど行った血液型で考えた行動や運勢を知りたがろうとします。
さて話は彼女の話なりますが、錦織圭選手の一番相性がよかった彼女といえば、坪井さんですが、もともと新体操のオリンピック日本代表の選手ですが、この彼女とは長い付き合いをしていて、結婚するのではないかとも噂されていましたが、ミスコンにも出た女子大生の中川真理子さんとう女性との夜勤区矢野デートがマスコミに見つけられています。
中川さんの血液型はAB型だということで、この女性は容姿端麗で頭がいい女性のようです。
錦織圭選手といえば小さい頃からテニスばかりをしていましたので、頭がいいとは言えないので、自分にはない物を持っていた中川三位ちょっと惹かれたのではないでしょうか。
付き合うつもりはなくて、単なるあこがれと遊びでの付き合いということで、彼女にするつもりはなかったと思います。
単なる遊びで、その時点では坪井さんとは付き合っていたのではないかと思います。
この頃から坪井さんとはギクシャクしていて、錦織圭選手の気持ちが浮ついていた時に出現したのがあのモデルの観月あこさんだったのではないでしょうか。
こちらも負けず劣らずの美人で、錦織圭選手が活躍し出してから、周りに美女がよってくるようになってきたのではないでしょうか。
そんな中、錦織圭選手の面食いが目覚めてきてから、坪井さんでは我慢できなくなってきてから、観月あこさんに惹かれるようになってきて、あのお台場でのデートが発覚して、そのまま、美人の観月あこさんに気持ちが動いてしまったのではないでしょうか。
容姿だけで言えば、坪井さんより断然いいのが観月あこさんですので、気持ちが動くのも男ならわかると思います。
その時点では性格などはほとんどわかりませんので、顔や容姿だけでまずは判断をするのでしょう。
性格が悪いのではないかと言われている観月あこさんですが、あくまでも噂なので、実際のところはどうなのかはわかりません。


スポンサーリンク





錦織圭選手と言えばテニスで大活躍中ですが、そんな錦織圭選手の選手としての活躍はすでに誰もが認めているものですが、プライベートの面もちょっと気になるところではないでしょうか。
日本人選手としては、テニスでは一番の人気実力ともに錦織圭選手に叶う選手は今の日本人にはいないと思います。
そんな中、錦織圭選手のラケットやシューズではなく髪型をチェックしたいと思います。
錦織圭選手は、中学生の時からアメリカのアカデミーに留学をしていて、その中で日本ではなくアメリカでの生活が長かったので、正確的には外交的で感情を表に出すような性格ではないでしょうか。
見た目は順日本男児に見えますが、以外に社交的で誰とでも合わせることができる一面をもっていると思います。
アメリカと言えば協調性よりも個性的で、自分を表にだす人間性が好まれていまして、日本人的には、自分を表に出さないで控えめな性格で、曖昧なことをいうような人はあまり好まれないような人種ですが、錦織圭選手はその日本とアメリカのいいところを兼ね備えているようで、正確的には、内に秘めたものは日本人的ですが、感情を出すべきところではしっかりと出して表現をしています。
そんな錦織圭選手ですが、女性との付き合い方も、アメリカ的で、気に入った女性に対しては積極的にアプローチをするタイプのようで、日本人的なところはあまり見られません。
なので、いろいろなデートを週刊誌でも取られているのではないでしょうか。
これが錦織圭がアメリカ育ちの開放的なところで、マスコミの報道など気にもかけていないところがすでにスターではないでよしょうか。
ここまで今日心臓でるからこそ、テニスの試合であれだけの力を発揮しているのではないかと思います。
ここで、錦織圭選手の髪型をチェックしてみたいと思います。
スポーツ選手と言えば短髪をイメージしますが、錦織圭選手の場合は、どんな髪型を今までにしてきたのでしょうか。
今まで、錦織圭選手はいろいろな髪型を披露してきましたが、やはりスオーツ選手なのでしょうか、短髪が似合う錦織圭選手です。
錦織圭選手には、やはり短髪が似合う、横を短くして、東部は少しだけ残した髪型を良くしていますが、よくにあっています。
この髪型ですと、試合の時にも邪魔にならないで、見た目も凛々しく感じるため、錦織圭選手のおきい入りの髪型なのでしょうか。
ボーズに近い短髪にしている時期もあり、この頃はテニスに集中していて、女性をあまり意識していなかったのではないでしょうか。
ほか見のちょっと長めのショート髪にしていた時もあり、この髪型だと賢くて優等生を感じさせてくれる錦織圭選手のようです。
モヒカンもどきのショートモヒカンにしていた時期もありまして、意外に錦織圭選手ににあっていた髪型でもありました。
ちょっと伸ばし気味のショートヘアの時の錦織圭選手はなんとなく精悍な顔立ちでやさしい雰囲気をもっていて、これだと女性にモテるだろうなと思いました。
いま時の高校生がするような横は借り上げで上だかショートヘアという、若者にはやりのすっきりした髪型の時もありました。
サイドを借り上げにした髪型にはいくつかバージョンを持っているようで、どれも錦織圭選手ににあっていて、好青年を表現していて良かったです。
どれを見ても長髪にした時がなかったのですが、流石にテニスでのプレイ時のことを考えて短髪にしているんだと思いました。
錦織圭選手=短髪というイメージがすでについていまして、オフシーズンでもいいので、挑発にした錦織圭選手を見てみたいと思うのは私だけでしょうか。
一時期ジャニーズ系の髪型にしていた時がありましたが、いつも見ている短髪ではなかったので、どうも見ている方としても馴染めないところがあります。
ほとんどこのような髪型にはしていないので、錦織圭選手自体があまり気に入らなかった髪型だったんでしょうか。
錦織圭選手が、試合中にいろいろな小道具を使っているのを見たことがありませんか。
私は、シアにより最初はその髪型をチェックするくせがありまして、小道具を使った錦織圭選手の髪型にも注目です。
髪が落ちてくるのを避けるためというより、気合を入れるたる為のように見えますが、試合中白いヘアバンドをしてから試合をしている錦織圭選手を見たことがあります。
この時のヘアバンドは、真っ白で、髪が垂れてくるのを抑えているというよりも、紀伊愛を入れるためにヘアバンドをしているように見えました。
私自身、錦織圭選手のヘアバンドはあまり似合わないのではないかと思いました。
ファンの中には錦織圭選手のヘアバンドを気に入っている人もいるようで申しW買えないのですが、あくまでも私の意見ですので、錦織圭選手を批判しているわけではありません。
白いヘアバンドは、ファッション的にはどうかと思いますが、試合をしている錦織圭選手の姿が強く見えるのは、不思議です。
相手に与えるプレッシャーもあるのではないでしょうか。
あとは、帽子を被って髪を隠しているときは、顔の表情も相手に見えづらいので、精神的な相手への影響もあるかもしれません。
ヘアバンドをしたり、帽子をかぶったりしているのは、そんな理由ではないと思いますが、未試合中の錦織圭選手を見ていると、無表情の表な感じがして相手へのプレッシャーもあるように見えました。
もともと、ヘアバンドや帽子をかぶるのは、髪が試合中に邪魔にならないようにと汗が顔やめに落ちてこないようにするためでもあると思います。
四位中の錦織圭選手の髪型を見ていると、錦織圭選手のように強くなりたいと思って、真似る人も多いのではないかと思います。
一時期ソフトモヒカンが流行った時期がありましたが、これも、錦織圭選手の影響ではないでしょうか。そんな感じがします。
何にしても、錦織圭選手がする服装から髪型まで、ファンにしてみれば雲の上の人がやることなので、どんな髪型でもかっこいいーと思うのではないでしょうか。
それが女性であれば、男らしさをその中から感じ取っているのでしょうか。
錦織圭選手は、すでにテニスプレイヤーというよりH、国民的なスターにまでなっているのではないでしょうか。
Cmにもたくさん出ていますし、今の彼女もモデルでかわいらしい女性ということもあり、手の届かにところにいる錦織圭選手は見て楽しむ存在になっているのは間違いないと思います。
2016年の西庵選手はどんな活躍をしてくれるのでようか。
2015年は怪我に泣かされT都市でもありましたので、1年間100%の力を出せる状態で試合で戦って欲しいと思います。
そうなると、どんな成績を上げてくれるのかが楽しみな年でもあります。


スポンサーリンク





共通テーマ:芸能

錦織圭選手が日本から世界で勝てた理由とは?

スポンサーリンク





2014年・2015年の錦織圭選手の活躍には日本中が湧いた年でもあります。
2014年は一気にブレイクして全米オープンでもジョコビッチ選手を破って決勝まで進んでいます。
そんな中、当然のように日本のファンやマスコミは錦織圭選手に注目して、検索キーワードでも1位を記録した時期もありました。
ここまで世間で騒がれている錦織圭選手ですが、今は少し落ち着いています。
今から錦織圭選手で日本中がフィーバーするには、四大大会で優勝でもしない限りそこまでのフィーバーぶりが見られるような活躍をしてもらいたいと思います。
しかし、四大大会で優勝するようになるのでしょうか。
2015年の錦織圭選手の活躍を見ていると、そこまでの活躍が出来るからだになっていないようにおもえます。
技術よりも身体の問題だと思います。
世界を旅しながら毎回大会でいい成績を上げていくだけの体力がついていないように見えます。
その為、2015年の大会では、前半はしっかりと戦っていたように目ましたが、後半戦は、体と戦いながら試合に望んでいたのではないかと思います。
それだけ、体力的に限界に近い他戦い方をしていたように感じます。
本人も2015年の世界を旅して戦ってきて、自分の体力のなさを痛感したのではないでしょうか。
ケガとの戦いで、1度怪我をするとクセになり、何度も同じところを怪我したり、かぐぉしたところをかばうために別のところを怪我したりしていたように感じます。
錦織圭選手の場合、毎回試合で熱戦を繰り広げていて、その都度試合時間が長くなればなるほどその試合には勝利している錦織圭選手を見ていました。
この粘りは世界中のテニスファンを魅了しました。
当然日本以上に人気の高いテニスなので、ファンが見逃すわけがありません。
日本で人気の錦織圭選手ですが、世界ではそれ以上の人気のテニス選手になっているようです。
日本の場合は、錦織圭選手が試合前の練習をしていても、客席が埋まるほどの入場者はないと思いますが、ヨーロッパでは、錦織圭選手が練習をするコートに座る席がなくなるほどの人気で、ファンで満席になるということです。
日本では考えられないような人気がある、錦織圭選手です、
なんといっても、今では世界の錦織圭ということでしょう。
そんな錦織圭選手ですが、いつから世界でもこれだけ注目を浴びてきたのでしょうか。
もともと、10代の時からある程度の注目を浴びていました錦織圭選手ですが、ここまでの人気が出るようになったのは、間違いなく2014年にマイケルチャンコーチとのマンツーマンでの練習から発揮し題した、今まで以上の粘りの戦い方をしだしてからではないでしょうか。
世界で注目を浴び始めている錦織圭選手ですが、まだ若干26歳とテニス選手としてはまだまだ伸び盛りの年齢ですので、ジョコビッチやフェデラー選手も今の錦織圭選手の活躍が気になっているのではないでしょうか。
今回の最後の戦いのワールドツアーファイナルでもラウンドロビンでジョコビッチ選手にはあっさりと1-6、1-6で負けてしまいましたが、次のフェデラー選手との戦いでは1-2で惜しくも敗れてしまいました。
この2試合の戦い方が私が思うには、2015年の錦織圭選手の1年を象徴しているように感じました。
錦織圭選手は、まだ精神的な村があるように思えます。
それとケガとの戦いで体力的にも非常にきついと思った1年だったのではないかと思います。
2014年は勢いであそこまでの成績を上げるようなことができましたが、2015年の錦織圭選手は今持っている実力と体力だけで戦ってきたということになります。
錦織圭選手の、精神的な強さにしても体力的な強さの両方をもう一段階ステップアップしないと世界で1年間を戦いぬことは難しいと考えた1年だったのではないでしょうか。
そんな錦織圭選手の2016年は、どんな1年になるのでしょうか。
今はモデルの彼女がいるようですが、早く誰かと結婚して安定した家族を持つことが錦織圭選手が1年間、きびしい世界で戦う力を身につけることができる早道ではないでしょうか。
錦織圭選手自体が、そのことに気がついているのではないかと思います。
ただ、今いる彼女では錦織圭選手をステップアップさせてくれるような女性ではないと思います。
2016年は新しい彼女ができる気配がします。
もっと錦織圭選手が、世界でテニスに集中して戦う気持ちがモテる女性でないとコンゴの活躍はまだ、期待できないと思います。
今から2016年の錦織圭選手を占うとしたら、オフシーズンの過ごし方と新しい彼女によって、成績が変わってくるのではないかと思います。
それだけ、彼女というのは、今の錦織圭選手の中では比重が大きいと思います。
2016
年も今の彼女とべったりだと、2015年以下の成績になるのではないかと思います。
それだけ今の彼女のことは、あまり錦織圭さんにはあっていないと思います。
ファンの人達も私と同じような気持ちで、今の錦織圭選手を見ているのではないでしょうか。
今の彼女のまま、錦織圭選手が2016年、世界で活躍できたのであれば、私はその場で謝りたいと思います。
2016年の錦織圭選手の、世界での戦いはどうなるのか今から楽しみです。
世界と戦っている錦織圭選手は、今までにはいない日本人のテニスプレイヤーであることは間違いありません。
なんといっても、歴代の日本人テニスプレイヤーではNO1の選手であることは間違いありません。
それまでの日本人NO1テニスプレイヤーであった、松岡修造さんが認めている錦織圭選手ですので、これからどこまで上り詰めていくのか楽しみです。
ここまでの選手になったのも、錦織圭選手の育った環境と、周りで手を貸してくれた人たちがあったからこそ今の錦織圭があるということを、本人が一番分かっていることでしょうが、あえて言いたいのが女を選ぶときには注意が必要であるということです。
間違った彼女を選んでしまうと、とんでもない位世界からは脱落してしまいます。
野球選手でも有りますが、結婚した女性で、その選手の活躍が全く変わってくるということをなんにもの野球選手で見てきました。
今からの錦織圭選手の世界での活躍は、今後の彼女次第であると言えるかもしれません。
どんなに優秀なコーチを雇うことより、1人女性に錦織圭選手のコンゴの未来がかかっているということです。
女性が錦織圭選手に尽くす女性でないと、これ以上の成績を上げていくことはむつかしいのではないかと思います。
いい選手にはいい女房有りと昔から言われていますが、これ以上のことはありません。


スポンサーリンク





日本人選手で活躍したテニスプレイヤーと言えば、錦織圭選手を一番に思い浮かべると思います。
日本人のテニス選手で、他に活躍した選手は、いないのだろうか。
今の日本人が知っているテニス選手といえば、松岡修造ぐらいではないでしょうか。
最近の日本人テニス選手と言えば、松岡修造と錦織圭選手ぐらいではないでしょうか。
ただ昔に、日本人選手が4大大会でとんでもない活躍をしてテニス選手がいたことをしらいないでしょうが、実はいたのです。
日本のテニス界の歴史でもあります。
今の人はだれも知らないかもしれませんが、1930年代に佐藤次郎というテニス選手が、なんとグランドスラムでベスト4になりウィンブルドンではなんとダブルスで準優勝までした有名な選手です。
そんな選手ですが、今の日本人は誰も知らないだろうと思います。
当時テニス自体がまだ国民に認識されていない時代でしたので、マイナーもいいところでした、
そんな中、佐藤次郎選手は全豪オープン・全仏オープン・前衛オープンでベスト4に入り、ダブルスでは、全英オープンと全豪オープンで準優勝と今の錦織圭選手よりすごいことをやってのけた選手でした。
今の世界ランキングと同じようなランキングで3位まで上り詰めた選手です。
今の錦織圭選手より断然いい成績を上げているではないか。
これだけの成績をやってのけて、26歳というわかさでなくなりました。
すでに今の錦織圭選手より、若い時にランキングも上で、4大大会での成績でも上に行っていたのです。
特に1933年の全豪オープンと全英オープンでともにベスト4に進出していて、日本人でここまでの成績を上げた選手は錦織圭選手を入れてもありません。
世界に佐藤次郎という名前が知れ渡った年でもあります。
4大大会での成績も日本人最高で、32勝をしています。
そんな佐藤選手でしたが、26歳の時に自殺をして、この世を去っています。
当時個人でのテニスというよりは、日の丸をつけた日本の代表のような存在で、すごいプレッシャーが佐藤選手にはかかっていたようです。
せっかくここまでの成績を上げていたにも関わらず、こんな敷き方をしてしまい、日本のテニス界の宝を失ってしまったようなものです。
佐藤選手が自殺をしないで、そのままテニスを続けていたならば、間違いなく今の錦織圭選手以上の成績を上げていて、四大大会では間違いなく優勝をしていたのではないでしょうか。
当時のランキングで3位という世界のトップ3にまで上り詰めていたのですから、間違いなくそのままやっていたら、ランキング1位も夢ではなかったのではないでしょうか。
それほど日本人としては、活躍をしていたテニス界のヒーローでした。
日本では、テニス自体がその当時そこまでの人気がなかったので、そこまでのフィーバーはなかったように感じます。
今佐藤選手が同じような活躍をしていたら、個人プレーでいいので国のために戦うことはないので、自殺をすることもなかったのではないでしょうか。
当時は、日露戦争など日本の軍事が非常に強い時代だったので、お国のために戦うということがプレッシャーになっていたのではないかと思われます。
それから約80年が経とうとしましたが、今その佐藤選手と同じ様な活躍をしているのが、錦織圭選手では、ないでしょうか。
そんな中、今の錦織圭選手も26歳とまだ若い年齢で、ここまでの成績を上げているのですが、錦織圭選手も相手が強ければ実力以上の力を発揮していて、それでいて若手の新人クラスの選手にコロッと負けるところなどは、佐藤選手に似ているではないか。
佐藤選手の最ライト言えそうな錦織圭選手ですが、佐藤選手と違うのが、日本の置かれた環境が全く違います。
今のテニスは個人のスポーツで、自分のために戦えばいいだけで、日本のために戦う必要がないのです。
この点は当時の日本と全く違うところではないでしょうか。
80年というとほぼ1世紀を超えてテニス界のスーパーヒーローが出てきています。
それを考えると、錦織圭選手は、100年に1人の優秀なテニスプレイヤーであることは間違いありません。
当時の佐藤選手が、日本という国のプレッシャーに負けてしまったのに比べて、そういうプレッシャーもなく、当時のような活躍をしてもお金もあまりもらえていなかったであろうテニス界と、今のように活躍すればするほど大金が舞い込んでくるテニス界とは全然違うのではないでしょうか。
日本人としては、100年に1人の人材である錦織圭選手は、今では日本だけではなく、世界のテ二スファンの注目を集めていて、今からどれだけ活躍をしていくのかだれもが期待している、テニス界のホープであるのは言うまでもありません。
まだ26歳という若さで、ここまでの成績を上げてきている錦織圭選手です。
ただ、ジョコビッチ選手は20歳の時にすでに世界で知られるようになり、実力も伴ってきていて、今では誰よりも強い安定した強さを見せつけています。
いずれは、錦織圭選手もジョコビッチ選手のようになるのではないでしょうか。
今まででランキング4位というのが最高の成績でしたが、そのうちランキング1位にもなれる素材であることは、だれもが認めています。
そんな錦織圭選手の死角と言えば、女です。
女性でダメにならなければいいのですが、2015年の錦織圭選手は怪しい雰囲気を出していました。
困難錦織圭選手は、見たくないとだれもが思ったのではないでしょうか。
最近、彼女との密会は見られていないようですが、少しは大人になったのかなあーとは思いますが、2016年の錦織圭選手の振る舞いを見なければ、どうなのかが今のところわかりません。
錦織圭選手ですが、2016年の春先の大会でどんな戦いをするかを見ることができれば、その1年間の成績が大体分かるのではないでしょうか。
夏場にある、ウィンブルドンでの戦いがターニングポイントになるのではないでしょうか。
この大会で大活躍をすると、その後の後半戦も間違いなくいい成績を上げてくれるものと思います。
ただ、ウィンブルドンは芝のコートなので、錦織圭選手が苦手としているコートで、この芝のコートをどれだけ克服するかで錦織圭選手の進化が問われることでしょう。
2015年のワールドツアーファイナルでは非常にいい試合をしていたので、2016年の錦織圭選手の戦いが気になるところです。
怪我だけが気になりますが、今年のオフをどう過ごすかで来年の錦織圭選手の活躍を期待できるものになるかどうかがかかっていると思います。


スポンサーリンク





共通テーマ:芸能

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。