So-net無料ブログ作成

錦織圭選手のサーブのトレーニング [経歴]

スポンサーリンク





錦織圭選手の戦いには感服します。
あの粘りのある闘い方をしているので、ここまでの成績を上げることができていると思います。
技術的にも錦織圭選手と変わらないくらいの物を持っている日本人の選手は何人かいますが、その中で誰も錦織圭選手に続く人が出てきていないのはどういうことでしょうか。
それではなぜ錦織圭選手が、粘りのテニスでここまでの成績を上げることができているのでしょうか。
プロ選手なので、だれもが上達するための練習をしていますが、他の日本人選手も錦織圭選手と変わらないくらいの練習をしているのには違いはありませんが、それでも錦織圭選手のような成績を上げることができていません。
その理由は推測ですが、向上心の度合いの違いと何よりも大切なランキング上位の選手に勝つという自信の違いではないでしょうか。
そんなメンタル面での違いが今の錦織圭選手と、他の日本人選手との差になって現れているのでしょう。
錦織圭選手は、一番の欠点であったサーブの改造に取り組んで成功しています。
錦織圭選手のサーブは他の外国人選手のサーブに比べて見劣りをするところがありました。
今までの錦織圭選手は、なんといってもこのサーブで苦しめられて、試合を劣勢になることが多々ありました。
相手のサーブの速さで苦しめられるのは、殿選手でも同じことですが、自分が放ったサーブで試合を有利に進められないで負けていた試合がいくつもあった錦織圭選手は、その自分のサーブの改造に取り掛かり、ある程度自分のものにしています。
第1サーブで以前に比べて10キロ程度スピードアップしています。
これは、自身のオフシーズンの筋力アップで対応できるようになっています。
最高速度が200キロまで速度が出るようになっています。
10キロアップというのは、ほんとうに簡単なことではありません。
相当な努力をしているのは言うまでもありませんが、それだけではなく、錦織圭選手だから出来たと言えるもう1つのものがラケットです。
錦織圭選手の依頼でアメリカのラケット制作会社が錦織圭バージョンを制作して、ついにファーストサーブを200キ超えができるようになりました。
今までの錦織圭選手であれば、間違いなく欠点であったファーストサーブがなんと200キロ超えで今までのウィークポイントがなんと武器になるように大変身です。
ただ、ここで終わらないのが、錦織圭選手のいいところで、第2サーブに関しても改造に取り組んできたようです。
ぢ1サーブが決まるのは、血合い中でも半分程度なので、第2サーブを鍛えるということは意味のある取り組みでした。
スピンのかけ方やコースの狙い方などセ一角なサーブを何時でも打てるように練習を繰り返していましたが、実際のところどこまでそのサーブの影響で試合中有利になっているかは、わかりませんが、錦織圭選手のシイでのサーブに対する自信が出ていることは間違いありません。
錦織圭選手のあの体型でサーブの速度が200キロは相当すごいところがあります。
こんなサーブを打てるようになる体型では内容に思えますが、自身の体をここまで極限まで伸ばしている錦織圭選手には感服します。
今までの錦織圭選手の場合は、速度がない場合に、変化球を打つことでその欠点を克服してきていましたが、二ション人ならではの器用さがあったのでここまで技術を駆使することで相手に負けないようなサーブを打つことができていたので社内でしょうか。
それが、今度は時速200キロというとんでもない物を武器に追加することができていますので、非常に期待できる年でもあったのですが、2015年の錦織圭選手は、ラケットの特性を生かす前に自分の体に怒る異変で自滅している試合がたくさんありました。
せっかく準備したサーブで相手を崩すことができても、その後のラリーや相手のサービスを打ち返すことでなにもできないでいる錦織圭選手がいたように感じます。
ここまで取り組んできたものが十分に利用できないままに1年間が終わったような感じがします。
ただ、2015年の前半での錦織圭選手の快進撃は、このサーブの影響もあったのではないでしょうか。
それだけ、2015年の前半の戦い方には今まで以上の成績を上げていますし、それだけの期待を持たせてくれるような気がしていました。
ラケットにも注目です。
このラケットは通常ですと2年程度掛けて新型ラケットは制作をするのが普通なんですが、なんと半年で新型ラケットを開発してもらっています。
錦織圭選手ならではのお願いを開発部隊が取り組んでくれたおかげだったということです。
錦織圭選手の人気と実力がラケットの開発までもを動かしてくれていることは確かです。
他の日本人テキスプレイヤーではこんなことは絶対になかったと思います。
ラケットのフレームの内側には新造材のハイパーフォー万カーボンファイバーを使用していて、その性能は8%程度はアップしているということで、今までの錦織圭選手のサーブの速度が190キロだった場合、薬200キロまでスピードアップするということになります。
うそのような本当の話ですが、今は錦織圭選手だけですが、この技術はそのうちどの選手でも使用できるということになります。
他の選手がどこまで錦織圭選手と同じラケットを利用するかどうかはわかりませんが、底知れない錦織圭選手の努力やベテランのようなテニスに対する考え方をしているので今後ももっと違った発見ができるのではないでしょうか。
では全豪オープンで出場していた選手のサーブの速度はどんなものだったのでしょうか。
実際には、錦織圭選手はスピードアップしたのですが、それでも全体の82位と並みの選手ではないでしょうか。
今までは並どころか、低い位置にいましたのでそれを他の選手並みの速度が出るようになりより戦いを有利にすすめることができるようになっています。
最高の速度は242キロで咲いての速度は182キロです。
この速度の差はなんと60キロほどあり、選手によりこれだけの違いがあるということがわかりました。
ただ、速度が速い選手が強いということも改めて知ることができました。
日本人選手のなかでも、他の3選手が
添田豪 12位 222 km/h
伊藤竜馬 70位 203 km/h
錦織圭 83位 201 km/h
と錦織圭選手が一番遅いことがわかります。
サーブの速度と選手の強さは比例していないのではないでしょうか。
テニスの強さには、それだけではないということを改めて知ることができました。
ここまでのことを見ていると、他の日本人選手と比べても、錦織圭選手には実力以上の何かを持っているということがわかりました。
技術的なものではなく、精神的なものや、試合中の読みなどにも錦織圭選手には備わっているように思えます。


スポンサーリンク





錦織圭選手は、素質もあり努力をしてきたからこそ、今の成績を上げることができています。
同じように色リオナ日本人のプロテニスプレイヤーがいますが、錦織圭選手と何が違うのでしょうか。
確かに素質という面ではある程度違いがありそうですが、同じ人間なのである程度の選手にはなれるのではないでしょうか。
錦織圭選手のようになれなくても松岡修造さんぐらいのテニスプレイヤーぐらいにはなれるのではないでしょうか。
そう思うのは私だけでしょうか。
錦織圭選手と同じようにアメリカのアカデミーに今行っているテニス選手もいます。
今ジュニアで活躍をしている選手ですが、もうすぐシニアの世界でも活躍をするのではないかと期待されています。
そんな選手もいるということは、錦織圭選手と同じような道を歩むことができれば、錦織圭選手と同じような成績を上げることが出来るので社内でしょうか。
全く同じ成績を上げるのは素質などもあり難しいかもしれませんが、錦織圭選手に近い成績を上げることが出来るのではないでしょうか。
今ジュニアで活躍をしている選手が、シニアでも活躍をするようになれば間違いなく、それに続くテニス選手が出てくると思います。
錦織圭選手は、野球で言えばイチローのような存在になって欲しいと思います。
ただ、これだけは絶対にしておかないといけいであろうトレーニングがあります。
それが体幹トレーンニングです。
体幹トレーニングは、錦織圭選手だけではなく、スポーツ選手の中でも必要と言われているトレーニングです。
体幹トレーニングというものをまずは知っておきましょう。
プロのテニス選手になりたいのであれば、これは絶対に知っておいて損をすることはありません。
それだけ体幹トレーニングは重要なトレーニングとうことです。
よく怪我をしやすいスポーツ選手が、体幹トレーニングを売ることで、怪我をしにくくなったという花火を聞きます。
サッカー選手の中でも、長友選手の体幹トレーニングは有名です。
長友選手の武井は、決して大きいとは言えません。
そんな長友選手が、あれだけ大きな選手が多いヨーロッパで怪我ひとつしないで毎試合出場できているのは、この体幹トレーニングのおかげではないでしょうか。
さらに、体幹トレーニングは、大きな選手に当たられても負けることなく戦い続けているのはすごいと思います。
長友選手の体幹トレーニングを見て、日本女子サッカー日本代表の大儀見選手も体幹トレーニングを取り入れているということですが、大儀見選手も体幹トレーニングを取り入れたことで、大柄のヨーロッパの選手とも互角以上の競り合いに勝ち、ボールを奪われないという素晴らしい活躍をしています。
あれはまさに、体幹トレーニングのおかげではないでしょうか。
錦織圭選手が、どのような二体改造を行っているかといいますと、その「菊花液になったのが怪我の多さではないでしょうか。
最近の錦織圭選手はケガとの戦いでもあると思います。
2015年は、特に怪我との戦いが多かったので、2014年のオフシーズンの体幹トレーニングを怠っていたのではないかと思うくらいです。
この怪我を克服するために、理学療法士のロバートオオハシさんにコーチを依頼して、体幹トレーニングを行っています。
日本では理学療法士と言えば治療の一環で必要な人と思いますが、海外では当たり前のようにトレーニングに理学療法士をコーチとして雇っています。
ここから既に日本と海外の選手では鍛え方が違っています。
これは錦織圭選手が、アメリカでテニスの訓練を受けたおかげでもあります。
日本でトレーニングを行っていると、今でも大安トレーニングに理学療法士をコーチに雇うことはなかったと思います。
オオハシさんが行う体幹トレーニングは、赤ちゃんトレーニングと言われていて、赤cyンというものは、筋肉はないのでそれを克服するために動作には無駄がなく体感をうまく利用して動いているのです。
そのあかちゃんの動きを真似するように、無駄のない動作をするためのトレーニングと言えます。
錦織圭選手も、この赤ちゃんトレーニングを実際に取り入れていて、その結果が試合で出ています。
2015年は、元々今までにないくらい試合数が多く体感トレーニングを行なっていたからこそ、これだけの怪我で住んでいるのではないでしょうか。
体感トレーニングを行っていなければ、もっと大きな怪我をしていたのではないでしょうか。
錦織圭選手の2016年の課題は、体感トレーニングをもっと行う必要があるということです。
錦織圭選手であれば自覚していると思いますので、どれだけそのトレーニングで効果が出てくるかが楽しみです。
体感トレーニングのおかげと言えるもうひとつの違いというのは、錦織圭選手の粘りのテニスではないでしょうか。
ギリギリにところでボールに追いついて返すあの力は、まさに体感トレーニングのおかげではないでしょうか。
赤ちゃんトレーニングはまさに赤ちゃんの動作を真似ています。
やっているところを横から見ていると、ちょっと笑えますが、やっている方は真剣で結構きついものです。
赤ちゃんが毎日こんなきつい事を行っているというのは想像もつきません。
あれだけのことをやっているからこそ、急な成長に筋肉や体のバランスもついてきているのでしょう。
あれだけの動きで、そこまできついのかと思うかもしれませんが、相当きついので、実際にやってみてください。
腹筋や背筋など、あらゆる内筋を鍛えてくれるのがあかちゃんトレーニングです。
体感トレーニングは、一部の筋肉だけを鍛えるのではなく、動きからくる必要な筋肉を全てバランスよく鍛えていきますので、バランス感覚が優れた体が強くなれるのです。
そんなトレーニングを積んでいる錦織圭選手だからこそ、ここまでのせいせきを上げることができていると思います。
この錦伊織圭選手は、ほかにもいろいろとトレーニングは行っていると思いますが、このトレーニングに関しては、一般的なテニス選手であればだれもが行っているトレーニングではないでしょうか。
今からプロを目指しているテニス選手は、まずは体感トレーニングが大事だということを認識して、毎日行うことで、踏ん張れるテニス選手になれるのではないでしょうか。
強い選手になるには、まずは湯良い選手の真似をするところから始めることが必要です。
これだけ結果として出てきている錦織圭選手なので、どんな練習をしているのかを研究して、第二の錦織圭選手になってください。
体感トレーニングは、ほかのどんな筋トレよりも効果が高いトレーニング方だということがわかります。
たくさんのプロスポーツ選手がこれだけ体感トレーニングを取り入れているのには理由があります。


スポンサーリンク





共通テーマ:芸能

錦織圭出演のCMスポンサー [経歴]

スポンサーリンク





錦織圭選手の2015年も終わりました。
最終的には、ワールドツアーファイナルで錦織圭選手らしい戦いをして終わったように思えます。
その活躍は私も想像をしていなかったくらいの素晴らしい戦いで、2015年の前半の時の錦織圭選手を思い出させてくれました。
そんな錦織圭選手もいろいろなCMにも出演していました。
その中でも錦織圭選手らしいCMがこれです。
カップヌードルのCMですが、カップヌードルといえばすでに200億食を売り上げている国民食とも言えるインスタントラーメンですが、カップにお湯を注ぐだけで食べることができるラーメンでは今一番人気のあるのがカップヌードルではないでしょうか。
それだけ、たくさんの人から愛されている国民食でこんなにも人気になったインスタントラーメンはないのではないでしょうか。
そのカップヌードルのCMについにあの錦織圭選手が採用されました。
そのCMはSAMURAI KというCMで錦織圭選手が侍に扮して木刀1本でテニスの勝負をするというものです。
この映像にはびっくりしました。
もともと錦織圭選手は顔からして昔の侍のような顔つきをしていて、これだけ似合う人もいないのではないかと思うくらいに、にあっています。
今回の錦織圭選手は似合いすぎていて、これ以上の人はいないと思いました。
細い木刀で錦織圭選手はバックハンド・フォアハンド・サーブに至るまで、すばらしい玉を打ち返しています。
その後は、次から次へとショットを相手のコートに決めていき相手を完全に圧倒することです。
これだけの顔と姿で完璧なショットを打ち込んでいるのにはびっくりしています。
こんな、木刀でテニスボールを打ち返すことが出来るのでしょうか。
CGではないだろうかという噂が出ましたが、その真相はいまだにわかっていません。
CGだったとして、その姿はほんとうにかっこいいと思います。
テニスをしている人であれば、だれもが憧れるのではないでしょうか。
それだけ、すばらしいショットを打っていました。
逆にあの細い木刀で打ち返しているのであればすごいことです。
それこそ、スター錦織圭選手が完成したと思えます。
実際に撮影に参加したエキストラ立ちの話を聞いてみると、錦織圭は、今回のカップヌードルのCMでSAMURAI Kを地で表現していたということです。
嘘のような話ですが真相は、錦織圭選手が全てを実践して実際にショットをしていたんだということです。
撮影場所は、錦織圭選手がUSオープンで準優勝をしたニューヨークです。
巌流島に決闘に向かう宮本武蔵のように、場所はアメリカのハドソン川でしたが、其の川に小舟で進んでいく錦織圭選手がいます。
船の上で木刀を削り出しました。
向かう所には完全アウェーのテニススタジアムが待っています。
錦織圭の運命は一体どうなるのでしょうか。
全てがあの巌流島の戦いをイメージして作られていて、錦織圭選手の男らしさが前面に出ていました。
作り方がうまいなあーと思いました。
錦織圭選手の内に秘めた強い気持ちを100%表現出来ているカップヌードルのCMでした。
カップヌードルのCMとは思えないようなストーリー性があり短編ムービーのような錦織圭のCMが作られているようです。
撮影当日のスタッフ一同木刀でテニスをするなんてほんとうにできるのだろうかと思っていた人たちでしたが、錦織圭選手のこの時のテニスと剣をミックスしたようなCM撮影には非常に楽しくなりました。
実際に錦織圭選手が木刀をテニスラケットのように振り回してから、次々と相手にボールを返すところなどはだれもが目を見張ることでしょう。
しかしかっこよすぎる錦織圭選手がカップヌードルのCmで出てきますから見逃さないようにしてください。
普通の人であればあの細い木刀にしっかりとテニスボールを当てて相手のコートに打ち返すことができるのだろうかと思うと思いますが、サッカー選手を見て漏れれば、リフティングをするのにサッカーボール以外の小さなパチンコ玉でもリフティングできるのですから、テニスプレイヤーが木刀でテニスボールを打ち返すことなど簡単なことなのでしょうか。
それだけのことのように見えますが、実際のところ普通のテニスプレイヤーであればこのように打ち返すことはできないと思います。
あのカップヌードルがCMに錦織圭選手を使用したのにはすごいと思いました。
こんなCMができるとは思いませんでした。
確かに、錦織圭選手がこんなCmの撮影でここまでの迫力を持たせてくれるところまでは考えていなかったと思いますが、想像以上にすばらしいCM撮影がされていました。
このCMでは、錦織圭選手のスゴさだけが目立っていますが、それいとは別の意味を持っているのがこのCMです。
いままで日本人に愛されていたカップヌードルだったために、このような発想がでてきたのだろうか。
今回のもうひとつの目的は、日本という国を誇りに思って欲しいとか、今の若者に日本の良さをわかってほしいという願いが込められています。
海外からは、日本というものがアイドル文化や漫画などが特に有名で、本音と建前というのも日本独特の文化と思われています。
外国では、本音しか言わないので、日本人の立てませという感覚が不思議で仕方がありません。
自分たちとは全く違った文化なのでその点で面白みがあり、ユニークでエキサイティングな文化を持っている日本に興味津々だということです。
日本人はこのような文化を当たり前のように生きているので、本音と建前という日本の文化自体を知っているようで知らないのではないでしょうか。
今の日本の若者には、もっと日本という国の素晴らしさを知ってほしいという発想でこのCMは作られています。
今回のCMで使われている木刀自体は、この為に特注で作られているものです。
錦織圭選手の多望な毎日のため、日本でのリハーサルは1回しか行われていません。
この木刀をつくるまでに、何パターン化の木刀を用意して、実際に錦織圭選手に使ってもらって、錦織圭選手の意見を取り込んでから何度も改良されて作られたのが、今回CMで使用して木刀ということになります。
そして、錦織圭選手といえば、試合が終わってから必ずといっていいほどカメラに向かってサインをすることがありました。
その再現として、今回のCMの撮影の時にも、カメラに向かってサインをしてもらうようになっていましたが、サインをしてもらったあとにウインクまでしてもらい、そのシーンはCMでも使われています。
まさに錦織圭選手のアドリブでされたものです。
これだけの評判をいただき、錦織圭という人間を十分に堪能してもらえてCM作品としては成功と言えるのではないでしょうか。
それ以上に、日本の侍というものを外国の肩たちにも神秘的な日本の文化としてより多くの人たちに知られたのではないでしょうか。
日本文化の良さと一緒にカップヌードルの良さも再認識してもらえたCMではなかったでしょうか。

スポンサーリンク





錦織圭選手は、プロのテニスプレイヤーです。
現在2008年よりプロに転向してテニスの試合に出場するようになりました。
プロのテニスプレイヤーは個人戦を毎試合行いますので、サッカーなどのようにどこの企業や団体にも所属していません。
個人のプロ選手はみんなそうなんですが、日本で個人のスポ0つ選手でプロになっているスポーツと言えば何があるのでしょうか。
こんなことを考えていると、テニスセンスぐらいしか思いつきません。
フィギアにもプロになっている選手はいますが、大会に出るようなことはほとんどなく、何かのショーのようなスケートしか出場していません。
卓球に関しても、プロになっている選手もいますが、何かの企業に所属していて契約をしているようです。
錦織圭選手の場合は、完全に個人でプロとして活躍をしていて、どの試合に出るかなども、誰に言われることなく自分で出場する大会を選んでスケジュール調整を行っているように見えます。
テニスの場合は、他の個人競技とは日本の中では契約が違っているようにおもえます。
そう思うのは私だけではないと思います。
個人のテニスプレイヤーは錦織圭選手に限らず、個人でいろいろな企業とのスポンサー契約をしてテニス用品を提供してもらいます。
すでにスポンサー契約をするとテニス用品はすべてスポンサーから支給されるので、道具がないというような心配もいりません。
自分で、テニス用品を買うこともなくなります。
ただ、このようにスポンサー契約をできる選手はほんとひとにぎりの選手だけです。
日本人のテニスプレイヤーでどれだけのプロテニスプレイヤーがいるのでしょうか。
今、世界で行われている大会に出場している日本人選手自体両手で足りるぐらいの選手しかいません。
それも全年齢で考えてということですので、日本のプロ野球選手などは、全部で12球団ありまして、その中に1軍だけでも50名近い選手が、球団とプロ契約をしています。
50名×12球団ですので800名近い選手が1郡でプロ契約をしている事になります。
それに2群馬で入れると相当な人数の選手がプロ契約をして、活躍していることになります。
野球をするだけで生活をすることができる選手の数ということになります。
サッカー選手もおなじようにプロ契約をして球団に所属していますので、毎年年棒をもらい生活をしているのです。
このように集団で行うメジャーなスポーツの場合は、プロになるとある程度の収入を得ていることになります。
そうなりますと、テニスのプロ選手は、今の日本では10人程度しかいないのではないかと思われます。
それ以外のテニスをしている人はほとんど大人になると、趣味程度に切り替えてどこかの企業に普通にサラリーマンとして働く事になるのです。
世界のプロテニスプレイヤーを見ても、ランキング200位ぐらいまでの選手しかテニスでは食べていけないような状況です。
それだけテニスだけで生活をしていくことはむつかしいと言えます。
その中で、錦織圭選手はどのくらい稼いでいるのでしょうか。
2014年
2015年と錦織圭選手はランキングの「TOP10入りを果たしていまして。その賞金だけでも5億近いお金を稼いでいると思います。
ただ、ランキングトップ10でこのクリの賞金しか稼げていないということにもなります。
これは高いと言えるのでしょうか。
決して賞金獲得学は高いとは思いません。
ランキング回の選手はもっと賞金を獲得していないと思います。
ランキング200位ぐらいの人で、1000万円程度賞金で獲得している選手はそうはいません。
世界のTOP200ですよ。
これがいかにすごいことか、野球で考えてみてください。
野球で世界を見てみると、日本のプロ野球だけではなく、アメリカ第リーグだけでも30チーム位あります。
その中で各球団メジャー枠というのがあり、その枠は最終的にカッ球団40名の選手がメジャー枠で契約をすることができます。
そうすると、40名×30球団とすると1200名ほどメジャー選手が居ることになります。
その中でいくら安くても5000万円異常をもらっている選手ばかりです。
野球と比べてみてテニスプレイヤーがいかに安い賞金で世界を転戦しているということがわかります。
スポンサーがつかなければ、賞金以外の収入がありませんので、世界をまたにかけているテニス選手の場合、交通費や滞在費はすべて自前で払わなければいけなくなります。
交通費や滞在費だけでも1年間世界を転戦するとなると、数百万円は必要になってくるのではないでしょうか。
そこで獲得賞金が1000万円あったとしても、その後の経費や税金を引いてみると、年収は400万円前後になるのではないでしょうか。
日本のサラリーマンの年収よりも低くなることになります。
プロ選手にとって、賞金だけでは食べていけないということがわかりましたでしょうか。
これだけ頑張っていて、日本では一流のプレイヤーであってもサラリーマン以下の収入でははっきり言ってやる意味はないと思います。
そこでテニスプレイヤーが他にどんな収入源があるのでしょうか。
にsh伐折系選手のように世界をまたにかけて活躍している選手であれば、スポンサーもたくさん付きますので、収入の心配をする必要はないと思います。
そんな錦織圭選手の場合は、賞金以外でもスポンサー収入も入りますし、そのほかにもCmに出演したり、テレビ番組などにも出演していますので、スポンサー収入はとんでもない価格になるのは見えてきます。
TV出演やCMなどは、最終的にはそのCMを放送している企業から出ているお金で成り立っていますので、俺だけ錦織圭選手の知名度は高いということです。
ここまで有名になれば、スポンサー収入だけで食べていけるのではないでしょうか。
あくまでも、錦織圭選手のような活躍をしていればということになりますが。ランキング回の選手などは、スポンサーせつかないような選手もいると思います。
日本だから、多くのスポンサーがつくと思いますが、もっと貧しい国のテニス選手であれば、間違いなくスポンサー自体がつかないというのが現実で、獲得賞金だけで生活をしている事になります。
日本人選手の場合は、ランキング回の選手でも、日本企業がついていますのでそれなりのスポンサー料がついていて、テニス用品などはすべて支給されるはずなので、選手は試合に専念できるのだと思います。
海外の選手であれば、ランキング回の選手ですと、副業としてテニス以外の仕事をしている選手もいるようです。
それだけスポンサーが付くかつかないかで、収入に大きな差がついてくるということです。


スポンサーリンク





共通テーマ:芸能

錦織圭選手と松岡修造 [経歴]

スポンサーリンク





錦織圭といえば、あの有名なテニスプレイヤーです。
そんな錦織圭のブログというのがあります、それ以外でファンの人が立ち上げた、錦織圭の試合結果や予定などを書いたブログがたくさんあります。
そんなブログを見ているだけでもなかなか面白いブログがあります。
錦織圭 ブログで検索すると出てくる出てくる錦織圭に関するブログが山ほど出てきます。
研削をしてみると916000もの錦織圭 ブログで検索されました。
これだけ有名な錦織圭ですが、実際のところどうなのでしょうか。

どんなことが書かれているのか気になるところです。
錦織圭の公式ページが当然のように先頭に出てきます。
これは当然ですね。
面白いのが松岡修造さんのブログもなぜか錦織圭 ブログで4番目に表示されました。
なんで、松岡修造さんのブログが錦織圭のキーワードで法事されるのでしょうか。
まつおかしゅうぞうといえば、錦織圭と深い関係になるのはテレビ番組で有名ですが、検索エンジンでも上位に表示されるものでしょうか。
それだけ、錦織圭に関する記事を松岡修造さんの「ブログでも頻繁に書いているのでしょうか。
錦織圭という名称が、松岡修造さんのブログの中にたくさん入ってなければ、これだけ検索エンジンの上位には表示されないのではないでしょうか。
普通はそうなのですが、どうなっているのか気になりましたので、松岡修造さんのブログをみてみました。
松岡修造酸は人物も明るいのですが、ブログも明るいですね。
松岡修造さんのブログはなんと明るいブログなのでしょう。
こんなブログを見ているとなんともこっちの気持ちも明るくなります。
こんな人物は周りを見渡しても松岡修造さんぐらいしかいませんね。
錦織圭の記事は小さく1記事のみありましたが、これで検索エンジンの上位4位にランクインをしていることにはびっくりしました。
ほ脳の体育会TV3時間SPに出演する、ということだけでした。
こんなことだけで、ほんとうに検索エンジンの上位に表示されるものでしょうか。
錦織圭のことはそれ以外で1ページ目には、なにものっていないのですが、検索エンジンのアルゴリズムになに仕掛けがあるのではないでしょうか。
有名人のブログの場合は、上位に表示されるようになっているのではないかと疑いたくなるような順位でした。
ただ、松岡修造さんのほかの記事を見てみましたが、その明るさと元気がもらえるような書き方にもびっくりです。
松岡修造さんの人間性が出ているような感じがします。
2015年の流行語対象に「まいにち、修造」という言葉が選ばれているということです。
ここまでの言葉の対象に選ばれているのは、やはり松岡修造の人間性が大きく影響しているのでしょうか。
それも、流行語大賞のTOP10に選ばれています。
これは、錦織圭のランキングTOP10にランクインした時以上の衝撃でしたね。
松岡数像と錦織圭は昔から繋がりがあるようですが、全く正反対の性格の錦織圭と松岡修造さんですが、どことなく似ているところもあるように見えます。
それは何かと言うと、お互い自分が目標を立てたことには全力で向かって言っているようです。
松岡修造は、何にでも一生懸命に仕事を行っているのですが、錦織圭も同じようにテニスには妥協を許さないで全力で打ち込んでいるところなどは似ています。
性格としては動の松岡修造で、静の錦織圭といったところでしょう。
こんな、正反対の人物が出会ったのが、テニスチャレンジですが、ここで、錦織圭の非凡な才能と負けず嫌いのところに、松岡修造さんはすぐに気づいたみたいで並大抵の素質ではないということをその時点で見つけていました。
そんな錦織圭は、今までにいなかったとんでもない人間に出くわしたと、松岡修造さんは思ったようです。
既にいまの錦織圭の活躍を予測していたということですから、松岡修造さんも指導者としてもすごいものでしょう。
ただ、これだけの人物がその当時、小学生という子供だったのに、そこまで見透かしていたということ自体が凄いの一言です。
これだけの人物がまた次世代のスパースターを見つけ出した瞬間でもあります。
そんな錦織圭選手の場合は、なにをその当時思っていたのでしょうか。
松岡修造さんに、テニスの試合で勝ちたがっていたようです。
本気で松岡修造さんに加藤としていたのではないでしょうか。
あの松岡修造さんですが、とても小学生の錦織圭が勝てる相手ではないのですが、真剣に錦織圭は勝とうとしていたことがまた、すごいと思いました。
勝てる相手とでも思っていたのでしょうか。
そんな錦織圭だったからこそ、ここまで上り詰めてこられたのでしょうか。
いまの錦織圭であれば、間違いなく松岡修造さんとテニスの試合をしたら勝てるのですが、その時からまだ、10年もしないうちにこのレベルまで到達していたのですから、とても信じられないような成長ぶりです。
錦織圭選手のファンのブログもいっぱい出てきましたが、どんなことが書かれているのでしょうか。
ファンだからこそここまで錦織圭を追っかけてブログをかけるのでようか。
錦織圭選手の戦績からランキングの推移まで全て細かく書かれています。
既に2015年の錦織圭選手の戦績が書かれています。
まだ2015年は終わったばかりなのに、しっかりと8月までの何試合して何勝何敗となっていて、優勝が何回して準優勝が何回したのかを確認できます。
これを見ていると、2015年の錦織圭選手は、余りいい成績をあげていなかったように感じていましたが、この成績表を見ていると、2014年と2015年の成績を比べてみるとほとんど変わらない成績を上げているようでした。
ただ、勝率を見ていると2014年お201年を比較してみると、201年の方が勝率だけを見てみるといいのにはびっくりしました。
優勝回数も、201年は3回で2015年は優勝が4回と、そこまでの差はありません。
このブログの成績表を見ていると、2013年から2014年に一気に成績が上がっていますが、なにがここまでの成績を上げたのでしょうか。
どんな変化がこのような成績を上げたのでしょうか。
いままでの、錦織圭選手の成績だけではなく、ありとあらゆる情報が提供されています。
錦織圭の公式HPより詳しく情報が、乗せられているということにはびっくりしています。
こんなブログがあるのであるのにはびっくりです。
これだけの情報を載せているブログがほかにあるでしょうか。
こんなブログがどんどん増えていけばいいのではないかと思います。


スポンサーリンク





錦織圭といえばなんといってもテニスの王子様的な感じになっていませんか。
日本の女性たちの憧れの的でもあります。
それだけ、錦織圭選手が2014年、2015年と活躍してきたということです。
特に2015年の錦織圭選手のかつやくは目覚しいものがありました。
それまでも随分と活躍をしていましたが、二本中が注目をするほどの模ではなかったのですが、この年の全米オープンでその時のランキングNO1のジョコビッチ選手に勝ったときには日本中が注目し出しました。
私も見ましたが、あれおあれよという間に、遂に決勝まで進んでいき、もしかすると郵趣するのではないかと思われるくらいの騒ぎになっていました。
ただ、4大大会で優勝するのが錦織圭選手の夢でもありましたし、その時付き合っていた彼女の坪井さんとの結婚も近づいてきていました。
当社坪井さんとは2012年頃から世間で錦織圭さんの彼女ではないかと毎日のように報道されていましたし、インターネット上でもすごい噂になっていました。
この大会では決勝で惜しくも敗れましたが、この快挙は日本中をわかせてくれました。
その対戦相手にはマリンチリッチ選手で、3-6、3-6、3-6のストレートで惜しくも負けてしまいましたが、日本人で決勝まで行くこと自体がすごいことで、あの松岡修造さんでさえ行ったことがない全米オープンの決勝戦です。
負けたとは言え全米オープンの準優勝です。
そんなすごい大会で準優勝をして、その後ランキングも8位まで上昇して、遂にTOP10を自分のモノにしたようです。
これだけの成績を今の日本人テニスプレイヤーで上げることが出来る選手はいないと思います。
これからもなかなか出てこないのではないでしょうか。
そもそも、錦織圭選手がランキングのTOP10にはい入ったら坪井さんと結婚の約束までしていたのに、そのときは結婚を市内で、m¥結婚の条件をさらに上げて、4大大会で優勝することで結婚にしていたでしょうか。
普通日本人が決勝まで行くこと自体がすごいのに、ここで結婚をしていたら良かったのではないかと思います。
更なる高みを目指して、4大大会で優勝しないと結婚しないということはとんでもない約束をしたなと思いました。
4大大会は年に4人しか優勝できないということは、その4人の中に入ろうとしているのが凄すぎです。
普通はここまでの目標を日本人のテニスプレイヤーが立てること自体、神業ではないかと思います。
それだけ凄ことなのですが、錦織圭選手が言うと、なんかできそうな気がしてくるのは私だけでしょうか。
そんなすごい錦織圭選手ですが、4大大会で優勝するまで坪井さんとは結婚しないということ自体は間違っていると思います。
当分結婚できないのではないかと思います。
錦織圭選手はテニスプレイヤーとしては一流ですが、彼女を作ることに関しては3龍だと思っています。
せっかく坪井さんのおかげで、ここまで上り詰めてきたものを、捨てるようなことではないかと思っていました。
ここから先は2人で4大大会の優勝を目指すと行っていたほうが、よほど良かったのではないかと思います。
この年は、結局ランキングでも世界第5位まえ上り詰めていまして。その年の終わりになる、ワールドツアーランキングのYOP5に入っているからこそでられた大会でもあります。
結婚をしていれば、2015年の成績はもっと伸びていたのではないかと思います。
それだけすごいことを行ってきた錦織圭選手には誰もが注目をしていました。
粗のんきは二本だけではなく、世界中の人たちがあのエアケイを見るために毎試合、試合会場に駆けつけてくれていたわけです。
そんな錦織圭選手と彼女のつぼいさんとのなかが次第に悪くなってきたというか疎遠になってきていたようです。
その頃から別の女性との噂がたくさん出てきていました。
それも、錦織圭円手の女クセが悪いようにあちこちの週刊誌等報道陣が噂を勝手にし始めていました。
当時はまだ、坪井さんとの結婚を考えていまして、そのままゴールするのではないかと思っていました。
しかし、その実態は、次から次へとあたらしい彼女なのか、単なる友達なのかわかりませんが、それだけ日本中がテレビに夢中になっていたと思います。
坪井さんとの仲が悪くなると同時期に、ほかの女子大生との熱愛デートも目撃されていて、とんでもないことになってきていました。
世間では、あれだけ錦織圭さんのことをさせてくれていた坪井さんを捨てて別の彼女を作ろうとしているのではないかとネット上では大騒ぎでした。
そんな錦織圭選手に新たな官女の出現があり、その相手がなんと売れないモデルの観月あこさんとうことで、また錦織圭選手に対する風当たりが悪くなってきていました。
観月あこさんという女性はあの芸能人とも一時期交際をしていて、マンションから出てきたところを週刊誌に取られたこともありました。
その芸能人はみなさんも知っていると思いますが、観月あこさんにゾッコンだったようです。
ただ、その芸能人は俺様仕様で、なんでも自分中心で彼女のことを扱っていたのではないかと思われます。
余りにも俺様しようが強かったので、観月あこさんの方からフラれてしまったという噂もあります。
しかし、ここまで、有名人を手玉に取っている観月あこという女性はとんでもない女ではないかというネットの噂ですが、今になっても2人とも何も言わずに口を閉ざしたままです。
いつ公の場で恋人宣言をするのだろうかと報道陣は狙っています。
ただ、この情勢はとんでもないさげまんで、付き合う男を次から次えとダメにしていくのではないかと言われています。
それと、売名行為を行っているだけではないかと言われています。
そうであれば、観月あこの作戦通りになってきています。
すでに観月あっこという名前を知らない人はいないのではないかと思います。
現在は、観月あこが出演するファッションショーなどには報道陣が駆けつけて、事の真相を探ろうと必死に追いかけています。
しめしめといった感じでしょうか。
ここまで名前が売れてくれば、そろそろ何も関係ありませんと錦織圭から言われてもラッキーといったところでしょうか。
このまま月って言っても、とても長続きするとは思えませんので、そのほうがお互いの今後の仕事にも好影響を与えてくれるのではないでしょうか。
この2人のどちらが得をすることになるのでしょうか。
錦織圭選手が2016年活躍をするのであれば、なんの問題もありませんが、活躍しなければ、錦織圭選手にとって、相当なイメージダウンではないでしょうか。
観月あこさんにとってはどうなんでしょうか。
すでに現時点で売名できているので、どちらでもいいのではないかと思います。

スポンサーリンク





共通テーマ:芸能

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。