So-net無料ブログ作成
ランキング ブログトップ

錦織圭選手のATPとランキング [ランキング]

スポンサーリンク





錦織圭選手のテニスツアーはすでに15歳の頃から始まっていた。
15歳といえばまだ高校1年生ですが、日本で言えば、やっと高校に上がって、クラブをどうしようかと思う頃です。
始めてクラブにはいろうとする人もたくさんいます。
スポーツ自体始めてやろうと考えていから、やっとどのスポーツをするか決める頃です。
そんな日本の高校生の事情とは違い、錦織圭の場合は、小学生の頃から、日本中の試合をするために回っていました。
中学生になる頃にアメリカのテニスアカデミーに言っています。
そんな錦織圭は普通の高校生とは全く違う生活をしていたのです。
そんな世界で戦っていた錦織圭選手ですが、英語などは全く話せないなか、1人でアメリカに渡って、テニスの生活にのめり込んでいました。
tyy場であれば、高校生ですが、その高校生は、普通の高校生活ではなくて、テニスで生計を立てようとアメリカのアカデミーでる良い選手と一緒に切磋琢磨して世界を転々としてテニスの試合に出ていました。
すでにジュニアでは、錦織圭選手が、非常に強いと思われていて、既に誰もが認める技術と実量を兼ね備えていました。
そんな中で、錦織圭選手は、実力通リの成績を上げ続けていき、18歳の時にはついにプロ契約まですることになりました。
プロに転向してからは、ATPランキングポイントが加算される試合に世界を転戦していました。
ATPツアーというものがどんなものなのかを知っておいた方がいいともいます。
ATPツアーというものは、エントリーランキングとチャンピオンズレースの2種類があります。
エントリーランキングというのは、過去52週間に出場した試合の中から19大会のポイントの合計で年間のランキングを決めていきます。
ランキングが十分高くて4大大会やマスターズ1000シリーズの9大会の本戦にストレートで出場できる選手の場合は、この大会を欠場した場合でもポイントがランキングに反映されてしまいます。
本大会の13大会の他にマスターズカップやインターナショナルシリーズで獲得し他5大会のポイントの合計となります。
グランドスラムやマスターズ1000シリーズに出場できないような選手の場合は、加算できるワールドシリーズの大会数も増えます。
各大会のシード権には、過去1年間の成績の平均が適用されます。
ただ欠点があり、大会で悪い成績を上げた場合でもランキングには全く響かない場合があるので、選手には不評です。
もう1つのチャンピオンズレースの場合は、2000年からスタートしているシステムで、毎年選手のポイントがリセットされて0ポイントから始まります。
毎年0ポイントから始まって、大会ごとにポイントが加算されていき、年間のポイントを争います。
ポイントの対象は19大会で、グランドスラムなどの大会の成績もポイントに加算されます。
その時々の勢いのある選手がランキングの上位に入る可能性が高いため、短絡的すぎると選手の間では不評です。
それでは各大会の位置づけを見ていきましょう。
大会の位置づけとして、まずは、グランドスラムの4大会である、全豪オープン・全英オープン・全仏オープン・全豪オープンの4代大会が一番高い位置になります。
その次に高い位置づけの大会として、ATPマスターズ1000の大会が来ます。
ATPマスターズ1000は、ATPツアーの最高峰の大会で賞金総額が245万ドル以上の大会がこれにあたります。
最初のうちはスーパー9と呼ばれていまして、2008年まではマスターズシリーズと呼ばれていました。
ATPポイントには優勝者には1000ポイントを当てられて、準優勝者には500ポイントが与えられます。
マスターズ500がマスターズ1000の次に大きな大会となります。
賞金総額は100万ドル以上の大会をマスターズ500といいます。
日本でもこのクラスの大会としてはAIGオープンが入っています。
このクラスの大会は現在9大会あります。
優勝者には500ポイントを準優勝者には250ポイントを与えられます。
その次の大会としては、マスターズ250で賞金総額は45万ドル以上の大会となります。
このクラスは年間39大会が開催されていて、優勝者には250ポイントを加算して準優勝者には150ポイントが加算されます。
ここまでの大会の名称の数字が優勝者に与えられるATPポイントになります。
ここから先に紹介する大会は、公式戦ではなく、その下に位置するもので、錦織圭選手がプロに転向する前にいろいろとたたかっていた大会です。
それチャレンジャーシリーズというものがあり、でも賞金が出ますので、日本の大会に比べても、いろいろな意味でテニスの強化にもなり賞金を獲得することもできます。
賞金が2万5千ドル以上で15万ドル以下の賞金がかけられていて、ジュニの選手がこの大会で成長するために出場している場合が多いです。
その下の大会としてフューチャーズシリーズがあり、賞金総額1万ドル以上で1万5千ドル以下の賞金の近いとなります。
この大会も最近で1998年に創設されたシリーズとなります。
このようにATPツアーはこれだけのランクの大会が世界各国で開催されています。
錦織圭選手は、15・6才の頃から、チャレンジシリーズに既に参戦していて、優勝も何回もしています。
ここに参加する選手は、今からメジャーになりそうな若手がたくさん出場しています。
錦織圭選手も、その中の1人です。
最初に下位の大会に出場することで選手たちは実呂奥を高めていきATPツアーのマスターズの試合に出るようにしています。
錦織圭選手も例外ではなく、徐々にステップアップしてマスターズ250から参戦を始めています。
このATPマスターズは今でもランキングポイントの計算方法等も再考されているのは確かです。
そんなATPマスターズですが、錦織圭が今回どれだけの成績を上げてくれるかが楽しみです。
大会のシステムや大会の規模がわかると、どの選手がどの大会に参戦するのかを見ていくとまた違った戦い方の見方をすることができます。
これをみてから、大会の見方が変わるのではないでしょうか。
これほど多くの大会が世界中で行なわれているのはテニスぐらいではないでしょうか。
これでATPマスターズの全容がわかったのではないでしょうか。
ATPマスターズこのように賞金額によりいくつかのランクに分かれた大会があります。
ATPマスターズを知らない人は、こちらで勉強してまた大会を見てもらえればいいのではないでしょうか。

スポンサーリンク





錦織圭選手のここまでの戦い方で、プロへ転向後は右肩上がりで伸びてきていました。
そんな中で、その中でどんなランキングの繊維をしてきたかを見ていると、いままでの錦織圭のテニス生活自体がどう変わってきているのかが見えてくると思います。
過去の錦織圭選手のアマ時代からのランキングを見てみたいと思います。
まずは、まだだれも注目をしていなかった2006年からのランキングを見ていきたいと思います。
2006年のランキングは603位です。
603位というランキングがあったのだと思いました。
603位といっても、錦織圭はこの時なんと16歳ということですから、どうなのでしょうか。
ランキングに入ること自体がすごいことではないかと思います。
日本で言うとまだ高校生でランキングどころか、15歳からテニスを始めて高校の大会にエントリーする選手もいるわけですから、錦織圭がランキング入りしたこと自体がすごいことではないでしょうか。
2007年には一気に281位までランキングを上げています。
この年もまだ高校生ですが、この年にプロへ転校しているのですから凄いの一言です。
ただ、錦織圭の場合は、アメリカのテニスアカデミーに在籍していましたので、テニス中心の生活で、量も施設のなかに有り、勉強も英語で学ぶ世界にいましたので、単純に日本の高校生とは比較できないくらいの、人物であったことは言うまでもありません。
そんな錦織圭が、テレビで将来が期待されるテニス選手として紹介されたのも、この年であったのではないかと思います。
既に、この年で、世界をまたにかけて、試合をしていたというのだから驚きです。
中学生の時にアメリカに、単身で渡りテニス三昧の生活が始まっていましたのでとんでもない日本人だったということになります。

順調にランキングを上げていき、2008年にはなんと世界ランキングのTOP100以内になっています。
2008年のランキングは63位と若干18歳でこのランキングです。
普通に日本でテニスをしていたら、ここまでのランキング順位にはなっていなかったと思います。
この63位というのはとんでもない順位ということです。
セ日本ランキングではありません。
世界ランキングです。
世界ランキングで錦織圭の上には62名しかいないということです。
この年、最優秀新人賞を受賞していまして、次の年を期待されていた新人でもあります。
ただ、2009年にはランキングが421位まで一気に下がっています。
この年、錦織圭になにがあったのでしょうか。
その年、なんと錦織圭は、右肘の疲労骨折が判明して、手術をしています。
手術後のツアーはウインブルドンや全米オープンを含んだ全大会を欠場しています。
仕方のないことですが、試合には出られませんので、どうしてもランキング順位が一気に下がっているわけです。
試合にでなければ、これだけさがるものなのですね。
びっくりしました。
どれだけ、試合に出続けることが大事かということが分かりました。
この年初めての挫折を味わったのではないでしょうか。
疲労骨折をする蔵なので、世界をまたにかけて戦っていくことがいかに負担になるのかということを感じ取ることができたのではないでしょうか。
復活したのが2010年の大会からですが、このシーズンでは一気に100位まで順位を上げてきています。
2011年には、ついにランキング25位と一流テニスプレイヤーの域に入ってきています。
ここから、日本でも錦織圭の人気が出てき始めた時期でもあります。
この年は、少年のテニスから大人のテニスへと、変わってきた時期でもあります。
錦織圭といえば、日本を代表する選手へと変貌してきた時期でもあります。
このイキに達したことで、日本人のテニスプレイヤーの中でも一番強い選手として取り上げられるようになってきています。ランキング25位というとんでもない順位になっていて、この辺から錦織圭の彼女はどんな人なのかなど、いろいろと噂が広がってき始めた時期でもあります。
そして2012年にはランキング19位と始めて20位以内に入ることができました。
着汁にランキングを毎年上げてきています。
2009年の骨折がなければ、もっと早い時期にランキングTOP20位以内になっていたのは間違いないと思います。
粗ひて2012年はあの彼女としては最高の女性ではないかと言われていた坪井さんとの恋愛が始まった年でもあります。
そんな錦織圭はランキングTOP10入りをしたら、結婚をする約束をしていたようです。
ただ、TOP10に入るには問題があったようで、錦織圭は調子がいい時はランキング上位の選手でも粘りのテニスで勝つことができていましたが、調子が悪い時には、ランキング界の選手にあっさりと負けてしまう時もあったようです。
好不調の波が交互に来ていた時期でもあります。
この時足りなかったのが、メンタル面と1年間ツアーを戦っていくための体力がなかったと思います。
そんな錦織圭選手ですが、なかなか順位を上げることができなかった時でもあります。
2013年もランキング17位と悪い順位ではないのですが、世界のトップテニスプレイヤーの息までは達していない宙ぶらりんの試合を3年ほど過ごしていました。
そんな中、転機がきたのが2014年です。
2013年のオフに、今のままではなにも変えることができないと本人も思ったのでしょう、あのアジア人ではNO1の成績を昔上げていたマイケルチャンと知り合ったのです。
マイケルチャンが錦織圭に教えたのは、技術的なことではなく、メンタルがほとんどだったということです。
自信を持って試合に望むことを、マイケルチャンは教えていたということです。
充実したオフシーズンを過ごしていた錦織圭の2014年は、自信にみなぎっていたように思います。
練習量とメンタル面で鍛えられた錦織圭は、2014年には大ブレイクしています。
日本だけでなく、世界中が錦織圭のテニスに魅了された1年でもありました。
決して試合をあきらめないメンタルは、マイケルチャンのおかげではないかと思います。
2014年はランキング5位と最高の1年を過ごした年でもあります。
2015年はみなさんも知っているであろう、最終的にはランキングが8位となんとかファイナルへの出場権を得て、ランキングTOP8に与えられる大会に出場することができました。

2年連続出場というのもそういなくて、2年間総合で考えると、ランキングTOP5に入る選手であったことは、間違いありません。
そんな錦織圭ですが、2016年はいったいランキングは何位で終わることでしょうか。
できればランキング3位以内に入って、終わっていて欲しいものです。
それだけの実涼はあると思いますので、期待したいと思います。


スポンサーリンク






ランキング ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。